27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

中国 東チベット

DAY612 中国:ダンバ⇄スオポ 「塔」フェチ&次世代旅人との出会い

投稿日:

朝起きると残念ながら曇り空。天気予報を確認すると1週間雨。。。流石に待つわけにはいかないから晴れが良かったけど諦めて予定していた場所に行こう。宿の人に方向を聞いて歩き出す。青空覗いてくれー\(^o^)/

DSC01563
朝飯の粥を食いながら道行く人々を観察。女性のあの被り物本当に好き!
DSC01569

DSC01571

南側に川沿いに歩いていく。青空見えたぞおらぁ!

DSC01588
そして後ろの方が綺麗な青空だぞおらぁ!
DSC01593

そして見えてきたのは

BlogPaint
そうです!この塔が見える景色を求めて!塔好きなのかもな自分。ダンバの宿に飾ってある写真を見て行きたいと思った。


川の向かい側から全景を眺めるか塔の麓まで行くか迷ったが麓まで行くチョイス!錆びており今にも潰れそうな橋だが靡くタルチョは美しい!

DSC01602
向かい側の斜面に並ぶ家がとてもいい感じ。そうそう!そういえばダンバは中国で最も美しい集落に選ばれたこともあるらしい!
DSC01624

DSC01621
ワクワク
DSC01630

DSC01635
結構工事車両が通っているなぁと思っていたら村の至る所で絶賛工事中。もしかして観光地化する為なの?でも結構現地の人が自分たちでぶっ壊してた気がするんだよなー。本当に聞いてみたい。。。

DSC01643

DSC01648

DSC01650

でも可愛らしい家が斜面に連なっているのは見ごたえある。
DSC01656

DSC01658
屋根の下側まで装飾が!

DSC01645

家の4隅の上側の反りが特徴的。昨日金川からバスに乗ってる時に見えていた家もこのタイプの家だ。可愛いー♡とか言うキャラじゃないけどこれは確かに可愛いー♡。青空バックがまたね!

DSC01664

DSC01670

蛇行してゆっくりと斜面を登っていく。ここら辺の標高は1800mくらいらしい。やたら疲れるのは標高のせいなのかそれともただ体がなまっているからなのか。。

DSC01673
塔を目指しながらなんとなく登り続ける。き、きついけど景色は結構綺麗。

DSC01675

DSC01672
豚ってかんなり久しぶりに見た!!ヤクも所々にいるのだが先日大草原で歩き回るヤクを見て来ただけに少し痩せて疲れたように見えたここら辺のヤクは少し不憫に思えた。

DSC01687

DSC01736
チラホラと村人に遭遇する。はぁはぁ言いながら笑顔で手を上げると向こうも素敵な笑顔で返してくれる。こんなところに住んでるとか常に高地トレーニング状態ですね。。やはりお年寄りが多かった。でもみんな笑顔が本当に素敵だった。それがとりあえず印象的。積極的に挨拶していきましょう。

DSC01709

が、道という道は無くなり通れそうなところを上がっていくおばちゃんにジェスチャーで塔に行きたいんだけど、と尋ねると上れ!と上を指したのでもっと上ることにする。

DSC01685
そして気づけば

DSC01691

おぉーーーかなり上まで来てるー!!!なんとなく気づいてたけど\(^o^)/笑。同じ道を戻るのも嫌なので戻らずに進んでみよう。すると高く上ったことで川の向かい側の上の方まで見えた。下からはあんまり見えなかったけどかなり高いところまで家が散らばっている。個人的にはこの景色がかなり好きだった。
DSC01700

DSC01702

あぁあぁこんなところまで来ちゃって。もう塔の麓まで行くのは諦めようかなー、って思ってたら結構行けそうなところに1つ塔が立っているではないか。さっきいたあたりじゃないか?
BlogPaint
見逃さないように道じゃないような道をよじ登っていく。
DSC01710
しばらく誰も通っていないことを証拠づける生茂る草をかき分けて塔を目指す。こんなところで怪我したらかなり厄介なので気を付けないと。
DSC01715
あ、もう無理。。。。こんなところ進めない。。。。辞めた!!!!疲れた!!!!帰る!!!!
DSC01713
でも登ったおかげで別アングルからの塔を見ることができた(←気休め)
DSC01723
散歩にはほど良い気候で上りさえしなければとてもよいトレッキング。

IMG_9848
そのまま山の中腹を歩いてダンバの町に戻ろうと思ったが変な諦めの悪さを発揮してあの三本塔を目指して下りながら村に戻ってみることにする。
DSC01743
多分このうっすらピンク色の外壁が可愛さをかなり増しているのだと思う。このあとチベット圏を周っているとどんどん家が変化していろんなタイプの家を見られるのでお楽しみに!
DSC01768

DSC01769
おそうじご苦労様です!全然人に会わないのでこのおばあちゃんが横から話しかけてくれた時かなりビクッとしてしまって笑われた。。
DSC01775
逆方向からアプローチしたらびっくりするくらい簡単に到着真ん中のやつは八角形のようだ。
DSC01773
そして途中から右のやつは顔にしか見えなくなった。
DSC01772
登り口はこんな感じ。やはりウシュグリを思い出す。上れたりしないかなーって期待してたけど無理そうだな。
DSC01780
塔のすぐ下まで行ってみると結構乱雑に石を積み重ねているように見える。でも、適当に積み重ねるだけだったらあんなに高くはできないだろう。
DSC01785
いやー最後に見られて良かった!
DSC01788
町の中心側に下りて行くと、上ったときには絶対あっちじゃないだろって決め付けたところに出てきた。参考までに。こういう家の右側を上りましょう。あのなんか木が渡してある下のところ。
DSC01796
村の入り口に戻るとトラックがはけて看板を見つけた。くそー。最初っからこれ見てれば違たかもしれないのに。でもそのお陰で多くの村人に出会ったり高いところから見下ろせたし良しとしよう。
DSC01804

DSC01808
お気に入りの橋を渡って向こう岸へ。
DSC01810
向こう岸を少しだけ上って正面から塔を眺めていると雨が降り出した。
DSC01816
その後は降ったり止んだりで大したことなくて良かった。旅に出てからやたら犬に付いてこられることが多い。僕いい匂いしてますか??
DSC01827
明日はダンバから別方向の村に行こう!どっちに行くにも谷間を進んでいくんだけどね!
DSC01830
疲れたー。おばあちゃんたちと休憩。なんだかんだ6時間歩きっぱなしだ。iphoneによるとここまでの歩行距離では20kmを越えていた。しかも上り下りしたからねー。
DSC01840

DSC01841
良く歩いたから美味しいもの食べよう!注文して出てきたのはもやし炒め。これは安い訳だ。美味かったけどね!
DSC01843
宿に戻ると共有スペースで宿の家族の男の子が勉強をしていた。相変わらずわかりそうで微妙にわからないのが中国語。
IMG_9852
見てたらサクランボくれたし!本当に良い宿!ダンバの青年旅舎おすすめです。
IMG_9853
僕も共有スペースで地図を開いて今後の事を考えていると三人組の男女がやってきた。宿のおかみさんが「You are from the same country!」。そう、三人は日本人だった。話しているとなんとなく僕と同じルートだったし話していてすぐにいい人たちだ!と感じたので超馴れ馴れしく便乗させてもらうことに!

しんじくんとゆみちゃんは夫婦で世界一周中、れいらちゃんは転職の間を利用して短期でチベットにくるという事で合流して一緒に旅行中。三人は前の会社で同期だったらしい。僕は成都かなんかで出会って三人一緒に旅始めたのかと思ったんだよね。でもこうなってくると完璧に部外者\(^o^)/良かったのでしょうか?良かったと信じるしかない。。。笑

三人はそんな完璧部外者を快く受け入れてくれた(ような気がした)。すぐに打ち解けた(気がした)ので一緒に明日のバスのチケットを買いに行くことにした。
DSC01845
話を聞いていると三人は僕とほぼ同じ歳。しんじくんゆみちゃんは夫婦旅ブロガー(→ゆみしん夫婦の365日世界一周ブログ)。久々に夫婦を引き寄せたようだ。思えばこの旅中何組の夫婦カップルと一緒に旅をしただろうか。世界一周した人が沢山いる中でここまで色んな夫婦カップルと長く一緒に旅した人ってそうそういないと思うよ笑。
DSC01850


無事にチケットを購入してぶらぶら。
DSC01854
これからいくつものゴンパを巡るので数珠買おう!と意気込んで仏具屋を見て回る。それがまたかっこいい数珠売ってんだよなーこれが。でも凄いかっこいいやつは700元(一万円オーバー)とかだった。安いのもあったけど結局だれも買わず笑
DSC01848
僕が気に入ってるこれも見つけた!ってか三つ編みも売ってるんだ。DSC01847
日が暮れる前に息を切らしながら展望台に上った。見晴らしは確かに良かったが、方角的にもう谷間には陽が差しておらずそんな綺麗でもなかった。
DSC01857
けどいいんです!これで四人の中が深まった(気がしてる、いやそう信じている)から!
DSC01859
そして夜飯。夜飯一つにしても一回の食事で食える品目数増えるし安く済むしやっぱりグループで旅も良いなぁ!誰かと一緒に動くのが久しぶり過ぎてこれだけで嬉しかった笑。
DSC01863
宿に帰ってまたお話し。聞いてみるとゆみしんは西回りでスタートしたので旅は始まってすぐだという。ということで先輩風をふかしてあーだこうだ偉そうなことを言い、彼らが欲しがっていたデータをあげて調子に乗った夜。なんか2人との出会いは自分の中でまさに次世代の旅人との出会いに感じた。もちろん旅は自分が中心な訳で約二年続いた自分の旅が終わるという事は旅人界の一世代が終わるようにすら感じている。そう思うのは別に僕が偉大なとかディープな旅人だとかは全く思っているからではなく、自分の旅の終わりを意識しているからに違いない。でもだからこそ少しでも次世代旅人の2人と繋がれたことには喜びを感じる。今後の旅を楽しみにしてるよー!(別れみたいになっちゃったけどこれから数日一緒に旅します笑)

そしてれいらちゃんとはこの後2人で行動をすることもあり話をすることがとても多かった。今まで短期で色々なところに行っておりその話は興味深かった。特にバングラデシュ!笑。そして次に行きたい場所はジョージアというディープめな旅人!笑。

ということで今日あのタイミングであの宿のあの共有スペースにいたことで僕のチベット旅の歯車が大きく動き始めたのでした。翌日行く予定だった中路。結構行きたかったけど天気も良くなさそうだしいいや!なにより三人と会って少し話したら久々にビビっと一緒に旅したい!と思ったのでその直感に従ったのでした!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-中国, 東チベット

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.