27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

中国 東チベット

DAY606① 中国:アバの草原 放牧×乗馬×バター・チーズ作り

投稿日:

4時頃にテントの隙間から覗く月明かりで目を覚ました。
DSC09766

なんかやたら幻想的な感じがしてカメラを取り出してしまった。が、寒さでしばらく温めないとデジカメもiphoneも電源入らず笑。撮影してから小便がてら外に出て空を見上げるが雲がかかっていてイマイチだった。明日の夜は綺麗に見えますように。

朝は明るさと足音で目覚めた。ヤクの。
DSC09789
一番高いところに登って360°見渡す。あ、、、、幸せだ。
DSC09793
DSC09794
馬君おはよう!
DSC09801
まだ6時過ぎだがおかあさんは働いており既に数頭のヤクが離されていた。
DSC09771
知ってた?ヤクってめっちゃ愛くるしいよ。臆病なところと牛とは違ったつぶらな目が可愛い。
DSC09805
DSC09817
DSC09832
彼は絶対に長老だ。カラフルな飾りはツェタルをした証らしい。ツェタルとは離生のことで屠殺を禁じることでその家畜たちの生命を解放する行為らしい。もののけ姫の世界だな。
DSC09810
おかあさんは自分の中で決まっているであろう順番で搾乳をしていく。まずは母ヤクのすぐ近くに繋がれている子ヤクを離す。すると自分の母ヤクのところに行きミルクを飲む。おかあさんはもちろんどの子ヤクの母ヤクがどれとか全部把握している。プロですからね!そして子ヤクがある程度ミルクを飲んだら再び繋ぎ搾乳を開始する。
DSC09821
最初から手でやるよりも出が良くなるらしい。衝撃的だったのはおかあさんがたまにヤクの肛門から空気を吹き込んでいた光景。これも出が良くなるんだろうなぁ。ちなみにおかあさんはマスクはしてたけどね。そして搾乳が終わると母子セットで離す。今朝だけでこの木桶二杯分くらい溜まってた。
DSC09818
全てのヤクを離し終わると糞掃除。これが中々の重労働。まずは小さいカゴに糞を集める。起きてきたお父さんがカメラマンをしてくれる。
BlogPaint
そしてこの大きなカゴに溜めていく。
DSC00356
大きなカゴにそれなりに溜まると担いで干しスペースへ。まだ湿ってるから重いし標高高いし斜面だし結構大変。
DSC00340
そして均等に広げていく。
BlogPaint
おかあさんはもちろんどういう順番で干したから今日はどこ回収とか把握している。
DSC09791
ここまで基本的に全て女性の仕事らしく、おとうさんはヤクに関しては手伝わず馬の手入れだけ少ししていた
DSC09835
するとどこかに行くからバイクに乗れというお父さん。草原でニケツ!
DSC09845
今日は天気も良くどこを見ても美しい。おとうさんの鼻歌も飛び出した。
DSC09860
DSC09851
たまに内臓を直撃するような凸凹にも遭遇しながら進んでいき1番近い町に到着。やってきたのお友達のうちのようだ。数珠職人??
DSC09900
DSC09907
108個の石やサンゴを繋げていく。これから仏教圏周る訳だし一つ数珠持っててもいいな。良さそうなのがあったら早めに買うか。
DSC09906
そのあとやってきたのは何やら人が集まっている草原。面白いことにこれは乗馬の練習会のようなものらしい!
DSC09936
DSC09953
各々自慢の馬たちを引いてきている。男性は大体こんな感じの服装。チュパという民族衣装で顔は布で覆い目だけ出している。ちょっと盗賊っぽいのだが着こなしがかなりかっこいい。なんか侍を思い出した。ピンクの帯はこの地方のものなのかもしれない。
DSC09923
DSC09926
DSC09928
顔なじみばかりのようでおとうさんが1人に声をかけると僕に乗れという!あざっす!ということで乗馬体験。
BlogPaint
そして遂に練習が始まった。どういう順番か知らないが誰かが声をあげると一箇所に集まり始める。そしてなんとなく全ての馬が揃って前を向いたらなんとなくスタート!!いやスゲーな!!!鞍付けてないからね。。ニーグリップだけですよ。。ズームしまくってるから画質悪いけどどうぞ!

皆本当にかっこいい。男でも惚れる。
DSC09939
DSC09952
そして用が済むとそれぞれ散って自分ちの方向に帰っていく。その光景がまた素敵。
DSC09956
DSC09961
僕たちも戻り朝飯!暖炉の上で湯を沸かしたり調理したりする。もちろんおかあさんが。
DSC00181
出してくれたのは
DSC00028
ミルク粥とミルクティー。もちろん両方ともヤクのミルクだ。生活には欠かせないものなんだな。脂肪分が多いようであまり直には飲まないらしい。カザフもそうだったのだが、なんかミルクティってちょっとお洒落な感じがするけど牧畜民にとっては昔から一般的に飲まれていたのかもしれない。

そしておとうさんがなにやら怪しげな箱を出し始めた。
DSC00032
これは一家に1つはあるツァンパボックスらしい!実は僕はずっとこのツァンパを楽しみにしていた。
主にオオムギの変種であるハダカムギ(裸麦、学名:Hordeum vulgare L. var. nudum Hook. f.、 繁体字青稞 /qīngkē/ )の種子脱穀し、乾煎りしてから、粉にした食品である。
チベット人の主食で、日に3回ほど食べる。年間を通じて食べられる保存食でもある。遊牧生活をしているチベット人は、粉にしたものをヒツジの皮袋に入れて保存、携行している。                   
                              wikiより
まずは器に茶を入れてからヤクバターを溶かす。そしてヤクチーズと大麦の粉を入れて器で混ぜ混ぜ。おとうさんがデモンストレーションを兼ねて作ってくれた。手を洗っていないのが若干気になったがここではそんなことは言っていられないよね笑
DSC00036
そして完成品がこれ!ツァンパ!朝飯で食う家庭が多いらしい。正直言って味は5段階中2かなー。でも食えなくはない!この地で貴重な食い物なのだ。残さず頂く。
DSC00041
家の中はこんな感じ。ドアのところに立って写真を撮っているので決して広くはなく、必要最低限のものしかない。煙突の周りは若干空いており雨や雪が入ってくるが暖炉の熱ですぐに蒸発してしまうようだ。おとうさんたちもそうだが、実はテントの他に少し離れた町に家を持っているパターンが多いらしい。でも牧畜をするにはこのテントに住み込むことになるのだろう。このテントは夏と冬で移動したりもするんだって。毎回大変そうだなー。ちなみに基本土足。
DSC00054
DSC00073
伝統的なものではブラックテントと言うのがあるらしい。これは別のお宅。
DSC00492
ヤクの毛で編むらしい。
DSC00079
うちには編み機も置いてあった。冬には自分たちで防寒具とか編むのかな。
DSC00077
朝飯が終わると食器を洗う。基本外で洗うようだが少しなら中で済ませてしまっていることもあった。一応床にマットらしきものが敷いてあるが地面が出ているところもあり、ゆすいだ水とかはそこらへんにぺっと捨てる。テント内はたまに掃き掃除をしていた。

このテントには電気、ガス、水道は通っていない。まずガスは使わない。電気は日中ソーラーパネルを使ってバッテリーに充電しておく。夜使う懐中電灯もソーラー式で昼間は日光で充電。
DSC00026
水道は少しだけ離れたところに水道管が通っているようでそこに汲みに行く。かなりちゃちくて壊れてしまいそうで怖かった。
IMG_9788
おかあさんがなにやら機械を取り出した。
DSC00047
外のパネルで充電しつつバッテリーから電源を取る。
DSC00048
そこに一度火にかけたヤクミルクを入れていくと
DSC00067
おーーー!二種類に分かれて出てくる!右側がチーズの素、左側がバター!バターはチーズ側に比べて出る量がかなり少ないようだがこのまま固まれば完成のようだ。

チーズは暫く火にかけると分離してくるのでそれを濾す。
DSC00085
そして広げて数日間日光で乾燥させて完成。
DSC00401
DSC00405
チーズの素を越した水はヨーグルトの匂いがしていたが、もちろん栄養はあるようでヤクたちに飲ませていた。ゆうきさんからその液体で顔洗ってみれば?ということで試してみるとつるっとさっぱり!ヤクたちも自分の体から出たものを再び体内に入れている訳で少し違和感があるがほんっとうに無駄のない使い方。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

-中国, 東チベット

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.