27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

中国

DAY603,604 中国:成都 中国のsimカードでLINEがやられた話(現在も死亡中)

投稿日:

無事に中国滞在期間が1ヶ月増えた翌日、成都に戻ってきて冷静に今後のルートを考える。


ここミセスパンダホステルには東チベット旅行倶楽部の方がおり、東チベット旅行についての相談に乗ってくれ、ツアーやバスの手配等をしてくれる。また東チベットを周ってきた旅人の話も聞けた。


と、いうことで、


成都

ゾルゲ周辺でチベットの遊牧民の家族のところへホームステイ(東チベット旅行倶楽部で申し込み)

東チベットの町を周遊

南の昆明へ抜ける(ここまでで多分三週間くらい)

一か月延長した滞在期間がまた危ういので近くのラオスやベトナム、もしくはマカオや香港に入り中国の滞在期間をリセット

フラフラと上海の方まで進む

帰国??


まずは最初のゾルゲ。これは東チベット旅行倶楽部の仲介でチベタン遊牧民の家族のところで3泊4日するというもの。決めての1つとしてはなんと家の奥さんは日本人の方なのだ。日本語でチベットの話を聞き、生活を体験してから東チベットに入ったらより充実するに違いない。成都からのバスとツアー(食事や寝具や手数料など全込み)で約1800元(約30000円)。正直安くはないが僕はそこに価値を見出した。本当に楽しみー\(^o^)/


そしてそのまま成都には戻らずに東チベットのマルカムというところから自由気ままなチベットの旅を始める。1番高いところでは標高5000m超えそうなので高山病の事も考えるゆっくりと2週間取ることにした。


その後四川省を抜け南側の昆明へ。町で少し落ち着いてからVISAのリセットをどうするか決める。今行きたいのはラオスかマカオ。まぁそこらへんは気分次第だなー。


そして6月中旬には上海で約束があるのでそれに合わせて上海まで刻む。


これにきーめた!!モンゴルやーめた!!チベットで遊牧民体験できるならいいわ!!何より遠いし笑



ということでゾルゲに向かうのはあさってなので今日明日は成都でゆっくりと態勢や体調を整えることにする。


まずは情報収集。やっぱチベットに関する情報は決して多くはないからなー。ネットやチベット経験者からの生の情報。あと宿で買えるこの地図ね!これ15元なんだけどかなりいい!東チベット含む四川省全体の小さめな町まで地名が漢字と英語読みで書いてあり、その他にも主要な町の概要、主要な町からのバス情報、簡単なチベット語など素晴らしい情報量。思い出としても良い。

IMG_9728

同じ宿にいたしんごさんはキルギスの南旅館で一緒だったしんごさの友人だった。ダブルしんご。そのしんごさんが中国のsimカード関係でショップに行くのだが、日本語を喋れる宿のスタッフが休みの日なのに一緒に行って手伝ってくれるという。中国のsimは外国人が取得するの面倒くさいという噂。僕はここぞとばかりに便乗させてもらうことにし、3人で宿を出発。

DSC09599

宿の彼女は3年以上北海道に留学していたとのことで日本語は達者僕たちが世話になってるのに僕たちの水まで買ってくれるという申し訳なさ!笑


面白いことに大学のキャンパスに入った。ここは四川省でトップの大学らしい。かなり広い敷地。そして地域に馴染んでおり歩いているお年寄りの多さが目立った。キャンパス内にはかなり立派な病院もあった。

DSC09601

DSC09602
なんとその大学の敷地内に通信会社の店が3つ並んでいた。どの会社がいいとかプランとかはもう彼女に任せてオススメしてもらう。面白かったのはデータ通信が学校敷地内で10GB、四川省内で1GBみたいなプラン。斬新すぎる。もちろん僕たちは学校の方いらないのでここでは買わず。


大学を後にし、他の場所にあるショップに向かう。道端に孔子の名言らしきもの。やはりわかりそうでわからん。
DSC09604
他のショップを周るが外国人向けにパスポートでsimカードが買える店はかなり限られているらしい。彼女のお陰で僕は無事に購入。しかし思っていたよりも高く、1ヶ月1GB、通話100分(←実際要らないけどデータだけのプランが無さそう。。)で100元(1640円)。迷ったけど東チベットで困ったときとか助かりそうだからね!

ここでも面白かったのは中国では「省」単位を重要視している。データ通信のプランでも四川省内で~GB、中国全土で~GBみたいな表示が目立った。日本の「県」の意味合いよりもでかいのかもしれない。また、しんごさんは最初の雲南省でsimを買ったが最近調子悪くて使えないから状況を調べてもらいたいという要件だった。結果、省が違うからどーだとか登録情報がどーだとかクソめんどくさく訳分からなくなったのでもう諦めた。

DSC09605

宿に帰り早速色々とsimの作動確認。前にも言っているが中国ではgoogleとかsnsとかは使えない(vpnを挟めばいけるが多めにデータを食うらしいので制限のあるsimでは基本使わないことにした)ので、中国独自の百度地図やwechatを使用する事にする。


百度地図はバスや電車の乗り換え検索が便利で前から使っている。ミソなのはwechat僕もまだ全然使いこなしてないが簡単に言えばLINEのようなもの。メッセージのやり取りや写真の投稿など。


しかしwechatの機能はそれだけに留まらない。あらかじめ自分のwechatアカウントにお金を入れておくとwechatを介してお店やその人とありとあらゆるところで支払いができるらしい。コンビニ、レストラン、タクシー、屋台などなど。そしてそこから携帯の通信会社への金も払ったり、町のレンタルチャリのやり取りに使ったりと僕には計り知れない機能が詰め込まれてると思われる。まぁ外国人が使う事なんて想定していないようで本当に基本的なところは日本語になるけど更なる機能はすべて中国。観光客向けに英語くらい入れればいいのに。

unnamed (1)

IMG_9791

その中で僕が1番驚いた機能は送金機能。購入を手伝ってくれた彼女が試しに僕に300元送金してくれるという。その簡単さが半端じゃないのだ。自分のアカウントから送る金額分を選び送信すると僕のメッセージ欄に誰々から300元送金されました。みたいに普通のメッセージのように届く。そしてそれを僕が承認したら300元のやり取り完了。これって凄くない?もちろん額の限度はあるだろうけどお手軽さは半端じゃない。ってかもしかして僕が知らないだけでLINEとかでも同じようにできるのかな?それはわからないが中国でwechatの普及率が凄すぎる。なんていうかインフラに近くない?中国人にとってもう何があっても必須アプリに違いない。

ということで僕もwechatで早速番号認証をしてお金を入れてみようとするがやはり日本のクレジットカードなど受付けてくれず、中国の銀行のカードを登録しないといけないらしい。そんなものもちろんないので先ほどの彼女に現金300元を払って送金してもらうことにしたのだ。しかしカードの登録が無いからか頑張ってもうまく行かず。。僕が拒否をするとアカウント上でのやりとりは発生せずお金の移動は無かった。親切にありがとうございましたm(_ _)m


すると近くにいた日本人の方が銀行の口座簡単に作れるから言ってくれば?というので2つの銀行を周ってみたが中国で働いてる事を証明する書類が無いと無理だった。一昔前まではその書類も必要無かったらしいので制度が変わったのかもしれない。しょうがないwechatのお金は諦めるよ。


また、LINEは番号認証が必要になった。他の国でsim差したこんなんなったけな?とは思ったけど何も考えずに番号認証順調に完了。結果、LINE完璧に使えなくなった\(^o^)/冗談じゃなく本当に使えねー。普通に開くけど着信一切来ないし自分からもメッセージ送れなくなった。sim抜いて試してみても後の祭り。

ネットで調べると中国だと普通にこういうことが起きるらしい。一回LINEアプリ消して日本の番号で認証しなおせば、みたいな情報だった。日本帰ってから上手く引き継げるかな。。。。マジで中国ふざけんな\(^o^)/あ、ということでなんらかの他の連絡方法で連絡お願いいたします。

そういえばアンドロイドだとアプリのストアがgoogleだからvpn使わないとアプリも取れないとの噂。めんどくせぇ笑。改めて中国のガラパゴス感を実感したわけだがこういうところは若干日本と通じるところがあるような気もする。この国ではインターナショナル方向に進み、困るという事は起きるのだろうか。


出発の前日には多めに元を下ろし、翌日のバス内での食物や高山病の薬を買った。高山病の薬は店員お勧めのこれを購入。中身はスゲー怪しい小瓶×10。1日3回らしく夜から飲み始めた。

IMG_9739
スニッカーズ二本入りとポテチ。ポテチは筒の中でプラスチックに入ってるのが斬新だった。
IMG_9738

IMG_9736
居心地のいい宿にいるうちにバックパックの中身を広げて整理したり、爪を切ったり、眉や髭を整えたりしておく。洗濯物もゼロにし出発の準備を済ませると、世話になったたかこかんやしんごさんと青島ビールを飲みながら話をし、早めの就寝。

宿かなり快適だったな。まず宿のスタッフがみんな若いのだが仕事熱心で親切。英語や日本語を喋るスタッフも結構いる。シャワーとか洗濯干すところとかもいい感じ。そしてバスターミナルから近い。お勧めします!ミセスパンダホステル

DSC09589

DSC09591

DSC09594

DSC09590

そういえば成都来てから楽山しか観光してない。実は郊外も含めて成都は観光に関してかなりアツい町だと思う。九寨溝とか有名なパンダの施設とか峨眉山とか麻婆豆腐発祥の店とか三国志のゆかりの場所とか。成都は中国の中ではかなりのんびりした良い雰囲気の町という話も聞いた。宿もかなりよくまた単体ででも訪れたい町だな!
DSC09606

DSC09610

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-中国

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.