27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

中国

DAY592 中国:ウルムチ→敦煌 新疆ウイグル自治区の首都を巡る

投稿日:

朝起きて早速ネットの接続にとりかかる。1週間そこそこならいいがもしかしたらあと1ヶ月半くらい滞在するかもしれない中国。ここは早いうちに頑張っておきたい。


朝飯も食わずにベッドでPCをいじっていると同じ部屋の台湾人のおじちゃんが「りんご」と笑顔で差し出してくれた。その後も小さい肉まんを大量に分けてくれ満腹になった。彼は中国が好きで何回も観光に来ているらしい。ここウルムチのオススメスポットを教えてもらった。やっぱ台湾人は本当に親切だ!


そして努力が実り無事にvpnが使えるようになったぞ!日記の溜まり具合半端じゃないけどね!後日やる!洗濯ものを取り込みバックパックは宿に預け町歩きに出発。結局潔くバスは諦めて今晩の夜行列車で次の町敦煌に向かうことにした。


やっぱ入ってすぐの国はワクワクするなー。

DSC08017
でかいショッピングモール
DSC08021
そのすぐ前には物騒な戦車。戦車だからね。半端じゃないよね。。。
DSC08024
結局この日晴れてたのは朝だけだったなー。
DSC08026
地下通路に潜るのも身体検査があった。吹き抜けにはお店がずらり。商売頑張ってください!世界を歩いていても現地人の店が休みの時に中国系の店は開いてるとかよくある事。商売熱心だ。
DSC08029

ここに来て遂にコンビニ発見!似たような商店はあったけどこういう明らかなコンビニってめちゃくちゃ久しぶりじゃない??8:30〜20:30って事だろうか。便利店→コンビニ

DSC08192
宿にいる間に百度で行き先へのバスを調べていた。地元の人に混じりバスを待つ。もうここまで来ると日本人もそんなに浮かない。浮かないのは良いんだけど当たり前かのように中国語でガンガン話されるから逆に困るとき多いけどね。

DSC08036

予定の場所で降りて歩き出す。超市→スーパーマーケット

DSC08041
学校の標識かなりかっこいい。烏魯木斉→ウルムチ

DSC08038
やはり色んな所で工事目立つなぁ。

DSC08047
屋台街に出てきた。

DSC08057

DSC08058
羊かなー
DSC08046
建物見ても人見てもどこの国にいるのわかんなくなるよ本当に。ってか国境なんて強い国が勝手に引いただけなんだよなーとか自然に感じさせてくれる中国。清真寺→モスク

DSC08051
DSC08053
ちなみにいったるところに派出所がある。本当に多い。歩き回っている警官も多いし至る所で身体検査がある。人件費がもの凄いと思う。

DSC08042
人が大分増えてきた!漢の人も大分移住してきているらしいがここら辺ではムスリムっぽい人々が目立つ。それにしても良い活気あるわー!
DSC08059

DSC08062

DSC08065
なんかネズミの着ぐるみミッキーも頑張ってるよ♪
DSC08070
そしてやってきたのは新疆国際大バザール!!

DSC08074

感想としてはなんかシルクロード風テーマパークみたい。歴史感じないしな笑。東側から来た人はウイグルにシルクロードを感じるが、西から来た人はウイグルに中国を感じると聞いた事がある。結構納得(カシュガルはシルクロード感あったけど)。やはりシルクロードの雰囲気のハイライトはウズベキスタンだと思う。中国人観光客が嬉しそうに観光してるのを見るとここウルムチは結構人気の観光スポットなのかもしれない。そういえば豆知識としてこの町は世界一内陸の町らしいよー。

DSC08081

DSC08082

DSC08094

何回も言うけど油断すると本当にどこの国にいるのかわからなくなるわ。

DSC08075

ピラミットだと?

DSC08089

このタワーは確かに立派だしレンガの模様もウズベクで見たものと似ていた。登るのは50元(約800円)と高いので止めた。

DSC08093

DSC08084

ひねくれてるけどすごいなぁと思ったのは隣のぶっとい道を丸々通行止めにしてかなり大規模工事をしていたところ。国がやる!言ったら凄いスピードで進むんだろうな。日本だったら地元の人の反対が、ってなるもんね。良いところ悪いところあると思う正直。

DSC08066
バザールは大して期待してなかったが結構面白かった!南側の3,4号館は大した事無かったけど北側のは良かったよ!


1番驚いたのはさっきモスクあったじゃん、表からも見えてたこれ。

DSC08083

この中もなんとバザールになってる。無理やりモスクから変えられたんじゃないかと心配になる。

DSC08097

何棟かあるけど内装が凝ってたし売ってるものが今までより中国実を帯びているのがまた逆に楽しかった。
DSC08104

この岩は26万元、つまり400万円以上です。

DSC08106

スパイスとかなんかシルクロードっぽいね。

DSC08113

こういう帽子も
DSC08110

絨毯も
DSC08114
アクセサリーも
DSC08120
次に向かったのは二道橋大バザール(?)

DSC08067
これもバザール。外観は個人的にはこっちの方が好き。ずんぐりむっくりで古そう。でも中で売ってるものは大して変わらないのでサラッと見て退出。

DSC08121
道も決めずに宿のある北側に向かって歩き出す。

DSC08131
患者至上
DSC08133
こういうさり気なく残っている建物こそが実は本当の価値ありそう。
DSC08134
今いる二道橋というあたりはウイグルの人が多いらしい。

DSC08137

DSC08140
看板見てもウイグル語が目立っている。なんか嬉しいかも。
DSC08136
表で匂いをアピールしてくる店の誘惑に負けて昼飯。
DSC08160
若干高価そうに見えるけどお客さんの層からしてそこまで高くはない。

DSC08155
鶏肉うどんとシャシリク!幸せ\(^o^)/食欲爆発in中国

DSC08156

DSC08159
雲行き怪しくなってきた。宿に向かおう。
DSC08161
10元均一。10元→約160円。
DSC08163
子供たちの間ではメンコが流行っているようだ。

DSC08164
実演販売
DSC08166
再び清真寺
DSC08168
その前では大開発。
DSC08171
電気街みたいなところ。

DSC08178
APPle 

DSC08179
なんか見覚え有るやつ×2

DSC08185
メイソウ笑ったわ。しかも英語と読み合ってないし。
IMG_9352
尼康→ニコン。これは本物っぽいよね。
DSC08181
电影院→映画館、速度与激情8→ワイルドスピード8(多分)

DSC08190
スーパーのチラシ
DSC08177
新疆ウイグルのナンバーのトヨタ車
DSC08187
いやー飽きないねこれは!幾らでも町中散歩してられるわ笑

最後に宿の裏にある紅山公園に行ってみる。こんな感じで見えてて気になってたんだー。

DSC08020

行ってみると地元の人がちらほらいるだけで静かな公園、のはずだった。実際は

DSC08209
すげー人気スポット\(^o^)/

DSC08200
いやなんか、中国だなぁ。

DSC08213

やはりウイグルの人は少ない。

DSC08205

それにしても凄い人。ピンクの花が凄く綺麗だ!

DSC08214

頭になんか付けるのがウルムチの流行り。特に上の写真のピン止めのアクセサリーは結構見た。

DSC08226

DSC08237

完璧にテーマパークやんけ。釣りしてるよ。

DSC08215
でもみんな楽しんでるから自分も楽しい気分になるのは不思議。

DSC08225

階段登ってみよう。昨日痛めた右膝と左アキレス腱が痛む。

DSC08227
おー!これはいい!町が一望だ!

DSC08236
おーA4ランクですねこれは!

DSC08239
必死に自撮りしてる人々を見ると更に中国だなぁと思う。

DSC08252
こうやって眺めると文句なく都会ですわ。

DSC08249

DSC08254
階段を降りパイナップル買ったりダンスを見たりして宿に到着。
DSC08260

DSC08262
ウイグルと中国の両面を見た良い散歩だったなー(言うまでもなく片方に寄ってたけど)。本当にウイグルの事ちょっと勉強しよう。


カメラとiphoneをフル充電して駅に出発。意外と時間やばい事に気付きタクシー乗っちゃっうというヘタレ。タクシーに乗った甲斐あり無事に切符をゲットし電車を待つ。

IMG_9383

終点は西安らしい。寝過ごさないようにしないと!
IMG_9392

そして今回は硬臥だぜ!寝台だぜ!!予想を遥かに超えて来て今までの寝台列車の中で1番綺麗なんですけど!

IMG_9393

しかも人少なくて凄く快適なんですけど!!お値段は12時間、直線距離約700kmの移動で206元(3300円)と決して安くはない。ちなみに硬座だとほぼ半額で乗れる。半額までくると迷いどころだよね。でも今回は硬臥。でも、一回これ経験しちゃうともう硬座乗れなくね


中段だったが広さは十分。でも残念な事に振動がモロに伝わってきて寝心地は良くなかった。にしても硬座と比べたら天と地の差だ!大切に呼んでいた陸王が終わってしまった。そういえば下町ロケット2みたいなのあるらしいね。買うか迷う。。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-中国

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.