27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

エジプト

DAY505 エジプト:ダハブ 沈船ハイライト

投稿日:

今日は念願の沈船、すなわち沈没船へ行く日!二週間に一回くらいと聞いていたこの日が運よくここで回ってきた。すみよさんといくえさんと三人で申し込んだ。実は沈船に行くためには30m潜れないといけないので、アドバンス以上の人しか行けないのだ。今セブンヘブンでアドバンス以上のライセンスを持っているのは僕達三人とインストラクターのたけしさんのみ。もっと大勢で行きたかったけどまぁしゃあない!移動費、食費、ダイビング(3本)にかかるお金すべて込みで120ドル。

朝の3:30に宿を出発してシナイ半島の先端にほど近いSharm ash Shaykhという町に向かう。1時間少々かけて到着したのはもう港の目の前。やっぱツアーだと楽だな!
IMG_6985
思っていた以上にちゃんとした船で、客室内にはキッチンもあり暖かいのも冷たいのも飲み物はセルフになっていた。スタッフが親切に酔い止めの薬をくれた。参加者は日本人の僕たち三人と韓国人の団体さんと昨日僕が一緒に潜ったドイツ人の女の子だった。アジア人の中で彼女が1人で心細い気持ちはよくわかるので話しかけるように心がけた。
IMG_6987
船は沈船に向かって出港し、うつらうつらしてふと目を開けるととても綺麗な朝日が昇っていた。
IMG_6995
朝食はセルフで自分で欲しいものを皿に取る。量は十分でお腹いっぱいになる。
IMG_7001
大分近付いてきたかなー。岸から離れるわけではなく、シナイ半島の南端をくるっと回って西側の岸沿いを進んでいく。
IMG_7002

GOPR3871

GOPR3874
ウエイトの重さを替えたかったのだがすみよさんが手際よく替えてくれた。そうだよ!今日僕と一緒にいる2人はダイブマスターなのだ。もちろん不安な気持ちはあるが2人と一緒というだけでかなり心強い。左に座っているのは僕達のガイドのアクゥマッド。
BlogPaint
さーて準備始めようかー!
GOPR3708
さぁ行こう!久々のボートエントリー。水面近くは言われていた通り流れが強いが、スタッフが苦労して張ってくれたロープを頼りに沈船に向かって一直線に潜航していく。沈船のあたりまで潜ってしまえば流れは大分弱くなる。来たーーーーー(゚д゚)!第一印象としては不気味だ。何か妖怪とかが眠ってそうな感じ。全景を撮れなかったのが残念。
GOPR3717
GOPR3731
一本目は船の周りをぐるっと周る。いやー、当たり前だが人生で初めて見たわ笑。海水に浸ったままになるとこうなるんだなー。
GOPR3735
GOPR3740

GOPR3741
他にもたくさんのツアー客がいるので自分たちのガイドを見失わないように注意しながら船を観察する。
GOPR3749
そりゃテンションあがるよ!すみよさん!
GOPR3757
これはなんと爆弾らしい。表面に19~と西暦が刻まれていたのだがブレてしまって映らなかった。

GOPR3752
多分飛行機を打ち落とすやつ。これは結構しっかりと形残ってた。
GOPR3765
最後部に来てスクリュー。
GOPR3767
勿論沢山の魚たちが住み着いている。
GOPR3778
通路も通っちゃいます!!
GOPR3782

GOPR3784
一番経験の浅い僕が一番早く酸素を減らし、ガイドの空気を貰うこととなった。でもそこまで皆に迷惑はかけていなそうだったので一安心。ってか改めて動画見てるとやっぱ皆上手だし余裕でかっこいいなー。

少し休憩。一本目の浮上時にミスって塩水を飲んでしまった影響か結構船酔いになった。僕は寝っ転がって深呼吸していれば何とかなったがもっとひどかった韓国人は1人ダウンしていた。酔い止め飲んだのになー。。

気を取り直して二本目ー!なんと、船の中に潜入!まさか入れると思ってなかったから嬉しすぎる!うおーーーーー!
GOPR3798
1人だけ通れるようなまさに「ドア」だったところを通って中に入っていく。ライトも持参。船の構造部分だろうか。
GOPR3802
いやー、なんだかわからないものも沢山だけど光が差し込んで魚が住み着いていたりするのはロマンだな。気を付けないとすぐに地面の砂を巻き上げたりタンクをぶつけそうになったりする。
GOPR3805

GOPR3811

GOPR3827
左のはバイク
GOPR3829
これは車。こんなんが形を残してまだ残っているのが驚き。
GOPR3831

GOPR3843
もっと暗いところで沢山写真撮ったけどボケてたりしててうまく行かず。長めだけど動画見てみてください!冒険している感覚になると思う!
GOPR3844

船に近づいて行ったときにフィンが両方とも取れそうになっていることに気付き、若干テンパるからよろしく!笑。すぐにいくえさんが心配して近寄ってきてくれた。

いやーマジで最高にエキサイティングな冒険だったなー\(^o^)/沈船から離れるのが若干名残惜しい。
GOPR3848

GOPR3850

水深5mでの安全停止。流れが強すぎてロープに掴まっていても皆こいのぼり状態になる。
GOPR3857
そんな中でも彼女はきっちりと決めてくる!笑
GOPR3854

ヘタレな男が船酔いに苦しむ中両サイドで元気に昼飯を食う女子たち。三本目は別の場所なので食事休憩中に船は移動する。
BlogPaint
何とか飯を腹に入れてから外の風に当ってごまかそう。
GOPR3864
さーて三本目行っちゃうー?実は曇りがちなのもあってこんときレジャーとは思えないくらいクソ寒かったです笑
GOPR3880
えいっ!
GOPR3882
ブルーホールみたいなそり立つ壁系だ!ってかさっきまでと違って流れが無いから楽ちん!
GOPR3889

GOPR3890

GOPR3895

壁を抜けるとお花畑系!
GOPR3905

GOPR3912

GOPR3928
スティングレイ!!
GOPR3932
ん??
GOPR3934
!!!
GOPR3944
やっぱり洋式便器だ!そこの残骸になってる船が便器を運んでいるときに沈没したに違いない。
GOPR3950

GOPR3954
上がる直前にお願いしてスリーショットを撮ってもらった!最高な想い出。本当に二人と来れて俺は幸せ!そしてライセンス取ったくせに、だが恐らくこの旅中ではこれが潜り納めになるだろう。
GOPR4117
お疲れっしたー!
GOPR4122
浮上してからは皆でぷかぷかと船がピックアップに来てくれるのを待つ。
GOPR4127
チームで集合写真。皆良い顔してんじゃねーか!とか偉そうに言ってるけど、皆初心者の僕に合わせてくれてありがとうね本当にm(_ _)m
BlogPaint
港に帰着。エジプト人にタックルされてiPhoneが海に落ちそうになるという危機を乗り越えつつ車に乗り込む。
IMG_7022

IMG_7024
早くダハブに戻りたいところだが、Sharm ash Shaykhの町で一時間弱時間つぶし。なぜそんなことをするかというと、ここからダハブに戻る道が標高高めのところを通るから減圧症のリスクを減らすために少し時間を置くらしい。

予想外にスタイリッシュで良かったモスク。
IMG_7052
IMG_7066
モスクも新しいが町自体も新しいようだ。らくだもいるしステージもあるし雰囲気はまるでテーマ―パークだった。
IMG_7056

IMG_7068

IMG_7079
ダイビングの内容も設備もスタッフの頑張りもすべてにおいて大満足のツアーだった。これは120ドル払う価値あるよ。不安もあったけど参加して良かった旅でトップクラスに印象的なツアーだっただろう。思えばダハブに来てすぐに沈船ツアーの話があり、僕もそれに強行で参加のつもりだったが人数がそろわずキャンセルになってしまった。その時は残念に思ったがあの時のままのスキルで沈船に行っていたら十分に満喫できなかったと思う。結果オーライだ\(^o^)/

宿に帰ると三名がアドバンスのコースを終えてライセンスを取得していた。めでたい!みんなでカレーパーティじゃ!!決して長い付き合いではないが中々濃厚な付き合いをしているせいかとても気ごころが知れているように感じる一同。疲れて眠いところだがヤ二ブが始まり眠らせてもらえない。僕は旅中鍛えただけあってここではヤ二ブ常勝です
BlogPaint
さて、少しだけダラダラしたら出発の準備だな。
 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-エジプト

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.