27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

ウクライナ

DAY401 ウクライナ:キエフ 金の玉ねぎたち

投稿日:

5時頃に車掌さんが起こしに来る。途中幾つかの駅にも停まったが僕のところの4人は全員最初のリヴィウからキエフだったようだ。初めての寝台列車は楽しい経験だったしかもウクライナでっていうね!

早朝だがキエフ駅には多くの人がいた。沢山寝台列車が走っているのだろう。
IMG_3681
流石に6時に宿には行けないので他の人に混じって小休止。僕の左右が空いているときにお母さんと高校生くらいの娘二人が来たので並んで座れるようにと左にずれた。すると微笑むどころか汚いものでも見るかのような目で(実際若干汚いか笑)一瞥をくれる。娘も母に倣う。そして2人で何か話し、娘は僕が座っていたところの右側に座り母親は僕が座っていたところには座らず別のところに座った。え?これはいわゆる差別っすか?笑。それともなんか別の理由があるんですか?笑。くだらねぇどうでもいーや。
IMG_3683
明るくなり始めたころに駅の外に出てみる。メインのホールはゴージャスな作りだー。
IMG_3690
超寒みー!間違いなく再出発してからは一番の寒さ。昨日重ね着するの買っておいて良かった。ジーンズのダメージは冷たい風が吹き抜けるけど。。。
IMG_3699

IMG_3695
ネットが欲しかったのですぐ前のマックに入った。やはり同じことを考える同胞は多く。コーヒーを買って何とか空いてる席に滑り込む。サーフィンしていると暖かさで無性に眠くなったので一応高校生の時の様にカモフラージュしながらしばし休息をした。9時前になると宿に向かって出発。最近のトレンドは町の中心部よりもメインの駅近。でも1.5kmくらいと少し離れてるけどしょうがない。
IMG_3705
なんかこの色のトラムって本能的に日本を思い出す懐かしさを感じるんだけどどう?
DSC01714
町の雰囲気がなんか中南米っぽい。
IMG_3711

IMG_3712

DSC01709
宿は一泊予約していたが評判通り入り口がわかりにくかった。太い道に面したほうでは無く裏側に回り込んで4階の宿の看板を見つけて何の目印も無い入り口から入って登るしかない。スタッフは英語は受け付けてくれない人だったのでgoogle翻訳でコミュニケ―ションしてチェックイン。リヴィウでもそうだったけどベッド空いてると朝から部屋入れてくれるんだよね!これって夜行で来た人には本当に嬉しい。シャワー浴びたり一眠りしてから観光に出られるから!そういえばウクライナ来てから玄関で靴を脱ぐことが多いなぁ。そういう文化があるのかも。
IMG_3737
さて観光行こう!この雑多な店達とごちゃごちゃした電線と汚めの建物が中南米を思わせるんだなこれは。あんあまり路面電車は無かったけど。もう懐かしくすら感じる。
IMG_3744
町まではメトロに乗って行く。到着した長距離鉄道の駅のすぐ隣にメトロの駅がある。一応別の駅。こっちは新しくて綺麗な駅だった。
DSC01718
メトロは1枚4フリ(16円)でメダルみたいなのを買って入場時に改札に入れて通るシステム。どこまで乗っても一律。少し並んでてまた買うのが面倒くさそうだったので今日の帰り分と2枚買った。過去の人のブログ見てると3フリだったりするんだけど結局のところウクライナのフリがバカみたいに落ちてるから日本円換算するとほぼ同じ。これはここに関わらずどこでも当てはまるようだった。情勢の不安定さやリーマンショック、新欧米政権発足によってロシアからのガス価格が上昇したことなどによるようだ。完全破綻しないことを祈るのみです。
DSC01719
そして深ーい深ーい地下鉄のホームへ向かう。キエフの地下鉄の一部は世界一深い場所を通っているらしい。ソ連時代に労働者を工場に運ぶ為だそうな。深いところ-105mだって。笑うよね。何階分?そして驚いたのはエスカレーターのスピードが速い。もちろん階段なんて無い。こけたら大事故だなこれ。
DSC01722
ホームも秘密基地みたい。
DSC01727

DSC01738
目的の駅に到着。オペラ劇場がある駅だからそういう装飾!
DSC01735

DSC01744
そして地上に舞い戻るために上る。気分は先の見えないスペースマウンテン。結構本当に怖いからね笑
DSC01747
も、もしかしてこれでFREE WIFIなのか?キリル文字恐ろしい。そういえば夜行列車のチケット発行してくれたおばあちゃんも英語のアルファベッドとキリル文字のアルファベッドの互換表みたいなの見ながら僕の名前打ち込んでたな。
DSC01751
駅に飾られていたものたち。これが沢山並んでたけど結構好き。
DSC01757
これがキエフのオペラ劇場!世界的に見ても有名っぽい。リベンジを果たすべくやってきた。
DSC01763
ネットのここでも買えそうだったけど直前のはオフィスでないと買えないっぽい→キエフ オペラ予約。ちなみにオペラじゃなくてバレーとかもあるから要確認。営業時間中なはずなのに何故かクローズ。前のおっちゃんに聞くとわからないけど待ってるとの事なので一緒に待つと程なくしてオープン。なんと最安の席は20フリ=80円。80円???????訳わからねー\(^o^)/高くて300フリとかだったかな。僕は当日券100フリの席をゲットー!後ろの人にグッドチョイスだ!と褒められたし!おっしゃー!初日に目的の1つイケたぜ!19時からなので観光してから戻って来よう。メインのところはここから徒歩圏内のようだ。
DSC01772
黄金門。入ってはいない。
DSC01776
上の金ぴかがかが輝いていたかららしい。金閣寺のノリで全部金を期待してた。
BlogPaint
するとその前でバグパイプのおっちゃんいましたー!チップ入れたら僕の為に弾いてくれた!(チップって言っても40円。。。ありがとう!!)


やはりロシア寄りの街並みなのだと思うのだが歩いていて楽しい。そこら中にガイドブックには乗って無いような興味深い建物が並ぶ。
DSC01787

DSC01782

DSC01786
DSC01792
DSC01799
そして見えてきたのは僕のお楽しみの一つソフィア大聖堂。
DSC01805
こっちは裏だから早速表に回って入場してみよう。うぉーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!なんじゃこりゃーーーーーーー!!!!!!!
DSC01863 (2)
白い壁に緑の屋根に金ぴかのてっぺん。ドストライクじゃないか。。。最高過ぎる。これだけでも来て良かったキエフ。まるで城だな。色々な角度から。もうちょい青空があればなーーー。誰かこの建築物にグッとくる人がいたら是非個人的に連絡してください。本当にこれ好き。モスクワのグレムリンをマジで見たかった訳だがビザの関係で諦めていた。そのうち本物も見たいけどこれで少し欲が見たされた。あー!でもやっぱグレムリンも見てみたいなー
DSC01827

DSC01846 (2)

DSC01853 (2)
そしてこの中身がまた激熱。撮影禁止なのが残念だが内壁一面が宗教的なフレスコ画で埋め尽くされている。再建されているが失われた部分も復元されていて、オリジナルの部分との栄え目は色合いですぐにわかる。これはね、本当に一見の価値あります。

他にもいろいろな施設が敷地内に有るのだがなんとなく流していると鐘の音が聞こえてきた。
DSC01870
なんか収録中だったようでラッキーなことに長時間聴かせてもらった。カメラマンが若干邪魔だけど良かったら見てみて!


この楽器面白いんだけどオルガンの方で手とか足で弾くと電気のシグナルでモーターを回して右側の鐘が鳴る仕組みなようだ。結構激しく演奏しておりハードそうだった。
DSC01873

DSC01880

DSC01882
最後に入場用の門にもなっている鐘楼に上る。これも薄い緑色!そしてこっち側は良い青空!
DSC01813
正面の広場から結構遠くまで見渡せる。
DSC01913
何故かリンゴとコイン。
DSC01911
いいではないか。見下ろす感じも。
DSC01921
僕の勝手なイメージだとロシア関係の教会などはてっぺんに金の玉ねぎが付いている。今日はほんまもんのこれを見れて結構満足。この金玉、いや金の玉ねぎたちはク―ポルと言って数によって何に祈っているのかが変わるらしい。
DSC01931
いやー、なんか既にかなりの満足感。いい気分に浸っていると動物の着ぐるみが"Where are you from?"と握手を求めながら寄ってくる。挨拶だけして去ろうとするがもちろん写真撮影してチップを取ろうとしてくる。正直かなりしつこく最後には「Japanese Moneyをウクライナ人にくれよ」とまで言ってきたが写真は本当に要らなかったのでスルー。すると、今度は勝手に僕の肩に白いハトを乗せてきて「セルフィー撮れば?」→「いや、いいです。」→「なんで?」→「興味ないから。」→「1枚だけ!」かなりしつこいです。本当に要らなかったのでハトが乗ったまま歩き出してスルー。結構タチ悪めな印象でした。
DSC01936
そしてソフィア大聖堂を出てまっすぐ歩くと青いやつ出てきたー\(^o^)/
DSC01943
後ろを向くと
DSC01942 (2)
緑!なんだこれ!最高だな!青い方は聖ミカエルの黄金ドーム修道院というらしい。
DSC01955

DSC01959

DSC01966
キエフの守護天使が大天使ミカエルらしい。大天使ミカエルとは

DSC01961
内部にはソフィアと同じくフレスコが沢山。こんなに埋め尽くされているの今まで見たこと無かったけどこっちの方はこれが普通なのかもな。何故かかなり女性の方が多くやはり皆熱心にお祈りしていた。なぜ女性が多かったのだろう。又、女性は皆頭を布で覆っていた。

新玉発見
DSC01971
少し歩くとドニエプル川を望むところにでっかい像がある。ウラジミール聖公という人らしい。東方正教を国教に定めた人なんだって。なぜ赤いペイントが?紛争のときだろうか。
DSC01985
改宗の際に市民はこの川で洗礼を受けたらしい。
DSC01986
盛りだくさんな1日。独立広場に行ってみた。ここでも鬱陶しい着ぐるみは振り切りましょう。僕も知識不足ですがもしよければこれを見てみてください→デモ前後のこの広場の光景。ほんの数年前だと思うと信じがたいです。
DSC01994 (2)

DSC02005

DSC01998
すぐ隣で面白いピンバッジが売っていたので買った。何故か数か国のコラボがある中に日本があった。ウクライナのチェルノブイリと日本の広島・長崎や福島の放射能は思い浮かんだが他には何があるのだろう。
IMG_3813
さて‼適当に飯を済ませてオペラへ!これが僕が今から見るプログラム。事前知識は"0"。買い物帰りのおばちゃんがふらっと今週のプログラム表を見てチケットオフィスに入っていったのが印象的だった。庶民派!
DSC02023
雰囲気を楽しもう。開演は19時だが18:30頃に入った。上着を預けて進む。す、すげー。
DSC02038

DSC02036
80円で見られるといっても皆さん服装は紳士淑女だ。緩めの人もいるけどパーカーにナチュラルダメージジーンズにトレッキングシューズというレベルは僕一人だろう。皆さん日本人の品格を落としていたらすいません。立ち居振る舞いだけはできる限り心がけました。でも正直言って外と同じくアジア人珍しいなくらいの視線は感じたけど服装で引かれた感じはしなかったな。受け口が広いのかもしれない。

そして入場。ボックスみたいになっていて一番乗りの僕は鍵を開けてもらって入る。結構皆ギリに来る。僕は前から3列目!
DSC02067
ショーが始まるまで1人だったので写真撮っちゃった。2階の真ん中。100でこれなら十分だと思う。
DSC02074

DSC02062
高くなってるからオーケストラも見えるよー!
DSC02075
そして調子こいて借りちゃいました。
DSC02082
何をかって?当たり前だろ。オペラグラスだよ。40円で借りれます。
DSC02056
結局1列目に2人。僕の隣に1人来て開始。

隣のおっさんはポルトガル人でサッカーを見にキエフに来ていた。やっぱ友を呼ぶようでおっちゃんはジーンズにラフめなセーターを着ていた。そしてオペラが始まっても隣のボックスの女性ばかりを見ていた。それを知っているということは僕はそのおっさんの事ばっか見てたということか笑。にしても信じられないくらいにがん見するな。相手絶対気づいてるよ。

4部構成。上部の電光掲示板みたいなのに字幕が出る。もちろんキリル文字なので意味はない。なんかよくわからないがおっさんはポルトガル語に似てるから大体わかるとか言ってたな。もしかして歌ってる言語はイタリア語とかなのか?意識して聞いていると「ペロ」とか「コノスコ」とか「テ アモ」って断片的に聞こえてくる。これってロシア語じゃないよね?だから上に字幕あるの?誰か教えて。客も「ブラボー!」って叫んでたからなー。

そしてストーリーは全くわからねー笑。想定の範囲内だけどね。結局おっさんが休憩中に貸してくれた英語のパンフレットを辞書を使って解読し大筋を理解。おっさんはその間も常に隣の女性を見ていた。大筋がわかると面白さが倍増するものだ。なんて言ってるかが想像だけどなんかわかってくる気がする。そしてやはり演者たちの歌声では鳥肌が立つ。

でも、タモさんと同意見なんだけどいきなり歌い始めるのにテンションが付いて行かないんだよね。なんで歌うの?とかオペラを見に来た奴とは思えない愚かな考えがどうしても拭えない。そういうショーなんだよな!そうだ!うん!

雰囲気は十分楽しめたので良し!おっさんありがとな!
DSC02085
メトロで宿に帰る。鼻水出るしなんか目まいっぽい感じは風邪の前兆だ。急激に寒くなった気がするからなー。ってかなんか昔と比べると体弱くなったな。食べもののせいかな。旅人にもらった葛根湯でも飲むかーと考えていると1つ思い出した。僕は万能薬を持っている。鉄ワイン
IMG_3733
結構早めに出番来たね!そしてやっぱまずいね!少しすると若干酔った感じ。養命酒的な感じだと聞いている。明日良くなってるといいな。

ってか明日からどうしよう。オペラ予期せず今日見れちゃったかな。とりあえず宿一泊しか取ってないから延泊しようとスタッフに翻訳を見せると、週末だから一杯、みたいなのが返ってきた。マジか。bookingを見ると既に二ケタの安宿1つも残ってねー\(^o^)/ウクライナにおいて1000円越えの宿とか泊まりたくない。こことか300円だからな。ATMの手数料で一泊泊まれちゃうんだよ?現地の感覚を持つことは大切。

じゃあもう明日の夜行で移動しちゃうか。明日電車もねー\(^o^)/(これもネットから確認、購入できる予約ページ)。もういいや明日考えよう。おやすみなさーい。

※楽しすぎる1日でかなり長くなってしまった。読んでくれた人ありがとうm(_ _)m
 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-ウクライナ

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.