27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

ポーランド ウクライナ

DAY398 ポーランド:ヴロツワフ→ウクライナ:リビィウ ウクライナへの期待高まる

投稿日:

ヴロツワフのバスターミナルに到着。財布をひっくり返しおばちゃんに残った小銭を見せてこれで買える食べ物を頂戴!と言うと笑顔でお菓子を出してくれた。


今回は始めて使うバス会社でチケットを印刷してこいとの事だったので宿で準備してきた。チケットは全て読めない文字だしバス会社の名前すら忘れていたからどのバスなのかわからない。一応英語書いてあるけど。ウクライナでも思いやられる😁とりあえず運転手に聞くと一発目からヒット。

IMG_3549
バスに乗るともうすでに半分以上は客が乗っていた。プラハから来たようだ。そして車内の空気がやたら重かった。なぜなんだ。後ろでは警官がなにやらチェックしていた。チェコ⇔ポーランドはチェック無いと思うんだけどね。なんとか心優しいお姉さんの隣をゲットした。みんな隣に乗ってきて欲しくないから通路側に座ったり通路側には荷物置いたりしてるんだよね(俺も疲れてる時はやります)。まぁここで10時間以上寝るわけだからわからなくはない。まぁ席なかったらそんなの気にせず座らしてもらうんだけど。最初から困る人がいるだろう、と席を空けてくれている人は心が綺麗な優しい人だと思う。

IMG_3550
暗くなった時にスマホをいじっていて僕は1人で笑った。トイレも封鎖されたようなこんな汚いバスでWifi使えた。しかも結構早い。最初は諦めて見もしなかったが希望を捨ててはいけないんだな。


休憩所でトイレがあるわけだがもう僕には1ズウも残っていない。バスのトイレが使えないとか想定の範囲外だった。最悪誰か恵んでくれねーかなーとトイレに向かうと無料!!!あざっす!!!

僕は適当に座っていたのだがどうやらバスの席は指定されているらしい。これが厄介。僕の様に守っていない人もいれば守ろうとする人もいるのだ。途中で乗ってきた人がこれ私の席なんだけどということでどくことになった。僕はどこが座席番号を表すかわからないので周りの人にチケットを見てもらってもわからないという。わからない意味がわからない笑。そして同時に僕の周りでも幾つか同じような現象が起きていた。結局僕はまた適当なところに座る。中途半端にやるなら席なんか指定しないほうが合理的だと思う。 


3時間くらいしか走っていないところでいきなりベストを着た人が乗り込んできてパスポートのチェックを始める。まだまだ国境からは程遠い。パスポートを見て回収される人とされない人。僕のは回収された。こういうとき言葉がわからないのは不安。外で風に当たっていると回収した人が何かを言いながらオッケーサインをしてきた。すぐ終わるから安心して待ってな、言葉はわからないが十分伝わった。その後無事返されて出発。結構頻繁にチェックやってるんだね。


↑ここまで昨晩

約1ヶ月ぶりのパスポートチェック。やはり緊張するものだがバスに乗ったままパスポートを回収されて後で返されるだけ。しかし混んでいるせいか出入国に2時間以上かかった。なんだかんだその間よく寝れないのがきつい。そしてこれでシェンゲン圏から出るが残り20日切ったことになる。中々笑えない。


ウクライナは1時間進むが約12時間で到着。調べてなかったけどバスターミナルが宿から遠すぎるー。。直線距離で6kmくらい。しかもめちゃくちゃ寒い。。バスもしくはタクシーだなー。

と凍えながらうろうろしていると、後ろから"Do you speak English?"と同い年くらいの人。バスの中で僕のすぐ後ろでパスポートチェックのときに日本のパスポートが見えたという。彼はタクシーで町まで行くからシェアしないか?と声を掛けてくれた。ラッキーと思い先に金だけ下ろすからちょっと待ってて、と言うと金は要らないという。い、いいんすか?シチュエーション的にはちょっと怪しいような気もするがほぼ瞬時にタクシーに乗り込んだ。

彼はイギリス人で今ポーランドに住んでいるが約一か月の休みでこの町に来たという。なんとこのリビィウが世界で一番好きな町らしい。タクシーを降りて彼にお礼と言っては難だがお菓子をあげようとするがお腹いっぱいだからいいよと受け取ってくれなかった。結構こういう出会いには救われてるなー

宿の建物は見つけたが4階。ピンポンは無いので困っていたが運よくチェックアウトしてきた人が出てきたのでその隙に入り込んだ。
DSC01387

DSC01389
するとなんと朝の8時ごろなのにチェックインさせてくれるではないか!!バスでの眠りがイマイチだったのでかなり嬉しい。宿の名前はLeosphere Hostel。お勧めです!一泊なんと、320円(゚д゚)今までで最安じゃないか???あ、金持ってない、ということでATMの場所を聞いて金を下した。みなさん通勤ラッシュの時間だろうか。そして胸の高鳴り。街並みがまた変わった。そして現地の人の生活感がたまらない。
DSC01396

DSC01397
ワクワクを抑えながら少々ベッドで休んでいざ出発!この町リビィウはロシアじゃなくてウクライナ色が濃い町だという。ウクライナでは東側は親ロ派が多く、西側は親欧米派が多い。このリビィウは親欧米派の町でウクライナ語話者が多い(東側はロシア語らしい)。しかし話によると欧米からの観光地としての人気も高く土日はバスや宿もかなり混むんだって。
DSC01405
確かに中々の活気だな!町の元気を感じる。そして人々が生き生きしているのを感じる。
DSC01409

DSC01414

DSC01418
オペラが良いと聞いていたのでチケットを買いに来た。
DSC01424
しかし残念ながら今日は満席で次は三日後だという。ここでは諦めて次の町で見よう!チケットオフィスのおばちゃんは英語で会話してくれた。
DSC01425
市場を発見。
DSC01427

DSC01432
え?マジで?ロシアを嫌う気持ちが半端じゃないもよう。。。ってかやることが凄い露骨だな。
DSC01428

DSC01429
すぐそばではまた市場。先日無くした歯ブラシをゲット!そしてグラサンは気に入ったのが無く、ジーンズは良いのがあったが値札を見ると3000円とかで安くなかったので辞めた。全く英語は通じないけどこれはこれで面白いかな。
DSC01440

DSC01441
お陰様で晴れてるから最高の散歩日和。そして観光地と言われるだけあって信じられないくらい平和でのんびりした雰囲気が漂っている。レストランとかツアーの客引きがちょっと邪魔だったけどね笑
DSC01446

DSC01455

DSC01460

DSC01480

DSC01600
いやーやっぱ気に入った町では知らず知らずのうちにたくさん写真撮っちゃってるわー。本当に散歩が楽しい。そして写真を見てもらっていい町だなー感が伝われば僕はかなり嬉しいところなのですがどうでしょうか?笑
DSC01505

DSC01481

DSC01486

DSC01582

DSC01514
なんか食うかと思ったらクレープが130円。しかも結構なボリューム。ここまで安いと僕の幸福度指数が上がっていく。そして物価やたら安いのに町の充実度がヨーロッパの国々とそこまで大差ないのが町の魅力な気がする。そして現地の人々は英語をほとんどしゃべらないが全体的にポーランドの人よりも優しく感じる。やはり寒いからか表情の変化は少ない気がするけど。宿の人の英語力は僕と変わらないが必死に伝えようとしてくれる感が良い。ウクライナの通貨はフリヴニャだが×4で円。
DSC01453
町の至る所にはウクライナ国旗。
DSC01524

DSC01605
町の景色に溶け込むトラムが大好き。そしてこの町のトラムはバラエティーに富んでいる。トラムにカメラを向けているとこいつ何撮ってんだ、となります。
DSC01444

DSC01464

DSC01586

DSC01527
DSC01588
この町にも至る所に協会がある。ウクライナカトリックというものが存在し、それはギリシア正教の典礼を実践しながらローマ法王に仕える、というものらしい。正教徒が多かったこの地方をリトアニア・ポーランド連合国が支配した結果生まれたもの。いやー、宗教は難しいけど興味深いなー本当に。
DSC01471

DSC01478
DSC01509
DSC01511
少し町を離れて東側の小高い丘に登ってみる。急に自然が沢山。
DSC01532

DSC01574
町から20分も歩くと到着。意外と登ったな!
DSC01563
DSC01560
メイン側は逆光100%
DSC01565
13世紀にここに城が建てられたのが町の始まりらしく今でも少しだけ城壁が残されていた。
DSC01573

DSC01572
丘を降りて夜ご飯を考える。まずはパン屋さんで明日の朝飯をゲット。フリスビーみたいなパンが40円。
DSC01587
宿で会った日本人からファミレスみたいなのがいいと聞いたので行ってみた。今までファミレス入るってあんまなかったな。
DSC01613
お盆を持ってほしいのを指さして入れてもらう。
DSC01616
調子に乗ってやりすぎたー\(^o^)/一皿大体80円なので400円。やはり左下のボルシチ?は上手かった。
DSC01618
結構広くて1人でも全然オッケー。
DSC01620
夜はその日本人、いいうさんとスーパーに買い出しに行きビール飲みまくりこの2.5Lが40フリだから160円、1人当たり1.25Lで80円。なんと幸福度の高い国なんだ気のせいか宿の宿泊者たちも沈没気味な人がやたら多い気がする
IMG_3559

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-ポーランド, ウクライナ

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.