27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

ポーランド

DAY390 ポーランド:トルン→ワルシャワ なんだかんだ意外と忙しなく動いてんじゃね?

投稿日:

11時過ぎのバスに乗り込む。三時間半の移動でワルシャワへ移動。見ててわかると思うけど結構せかせかと動いてるよね?それはやはりシェンゲンのせいリアルに30日切ってきたからね。そしてポーランドは意外と見たいところ多いんだこれが。でも結局多少ケツ叩かれないと頻繁にダラダラしちゃうからね!でもシェンゲンでない東欧かコーカサスか中央アジアでは久々に「生活」したい!とりあえず今は折角動きやすい地域にいるのでフットワーク軽く動こうかなーと思って♪

それに絡んで北東、ベラルーシのすぐお隣ビャウストクにも行きたかったけど辞めた!なんか希少なヨーロッパバイソンていうのがいるらしいし紅葉もいいかなーと思ったんだけど。マジで気になったところ全部行くわけにはいかないからさー。。バイソンは諦めて紅葉は他のところで狙うことにしよう。

さてバスの中。途中でつい写真撮ってしまった!なぜでしょう?ポーランド来てから青空を一度も見ていないから!しかもあの狭い窓は向かってる方向だらね!

IMG_3444
バスの中ではワルシャワの事とかアウシュビッツのことを調べようと思っていたが朝食ったドーナツが祟ったのかすぐに軽く酔ったので悪化しないように何もせずにワルシャワ到着。結局ガンガン降ってるー\(^o^)/後半に期待。ここ最近濡れ過ぎてリュックもウインドブレーカーも傘も撥水性が弱くなってぽつぽつじゃなくてすぐにじとーっってなります。荷物の争奪戦は早々に勝利。
IMG_3446
 すぐ隣のトラム駅。

IMG_3447
宿までの移動で調べていたトラムが三分くらいで来た。

お、今日はツイてるか?
IMG_3448
最初はガラガラで2人だったが町に近づくにつれてかなり混んだが予定のところで下車して怖いくらいスムーズにチェックイン、かと思いきや、予約が入っていない笑。名前で確認すると出てきたのだが日は正しかったが月がDECになってた。笑えるくらいの凡ミス。でも空いてるので問題なし。雨でまた移動は面倒だったから良かった。

施設を確認して荷物を置いたらすぐに出発。実は今日は一つだけはやることを決めていた。いやー都会に来ましたねー!


IMG_3451



IMG_3453


雨の中辿りついたのはワルシャワ蜂起博物館。実はブログを読んでいてくれたMasui先輩が連絡をくれ、ワルシャワの観光地の1つでここを教えてくれたのだ。覚えてますか?僕がこの旅を始めてまだひよっこ(今は?笑)だったころに初めて出会った日本人の「旅人」。といえよう。まだこのブログを読んでいてくれたことが素直に嬉しかった先月はKikiにも会えたしね。本当に嬉しいものです。そしてこういう風に自分でも過去の旅をリマインドできるのはまたブログをやっていて良いところ。

カナダ ケベックにてレンタカーwith Masui先輩 & Kiki


さて、ワルシャワ蜂起とは何か。調べた受け売りの情報を自分なりに噛み砕いてみる(自分のアウトプットなので興味なかったら完全スルーお勧めします笑。正直ポーランドの歴史の知識とか今まで皆無だったからね。。。)。

第二次世界大戦でワルシャワ含めポーランドは枢軸国側のドイツ(ナチス)により占領されていた。その頃、連合国側の赤軍(ソ連)がドイツ軍に勝利を重ねておりポーランド東部まで占領領域を広げていた。そんなときにソ連政府がポーランドの国内軍にドイツ軍兵力が弱くなっているワルシャワで蜂起することを呼びかけ国内軍はそれに応じた。。しかし赤軍はドイツの猛反撃に会い進軍が遅れる。その情報が届いていないワルシャワでは予定通り蜂起。数は少ないが装備が豊富なドイツ軍に苦戦し僅かにしか占領はできず。赤軍がワルシャワに攻め込む気が無いと判断したヒトラーは部隊を送り込み圧倒的な火力で国内軍を鎮圧、更に蜂起に対する懲罰ということでワルシャワは徹底的に破壊されまた多くの人が処刑されたという悲しすぎる事件。



DSC00306


しかしこの事件裏があったという見解もあるらしい。実はソ連は東ポーランドに自分たちに都合のよい傀儡政権を樹立していた。しかしロンドンにはポーランドの亡命政権がまだ存在していた。そして蜂起を指導したのは亡命政府。そう、ソ連にとっては亡命政府の存在が邪魔だった。だからソ連は完璧に亡命政府を潰すために負けるのがわかっていて蜂起を促したのではないかという説。ソ連は進軍が遅れたにも関わらず蜂起を促すラジオを流し続けたり、他国からの国内軍への支援の申し出を拒否・妨害もしているという。


ちゃんと追ってみると色々あるものだ。

ちなみに、まさかの日曜日はこのワルシャワ蜂起博物館無料なのです!!!内容も気になる上に無料とか激熱。ということでワルシャワの到着は15時頃だが18時の閉館まで十分周るべく早足で向かったのです。


DSC00308



DSC00310



DSC00312



DSC00320



DSC00319



DSC00324



DSC00331


ドイツ軍の補給所や兵舎を占領したので国内軍もドイツ軍の制服を着たり武器を持ったりした。そこで敵味方を判断するためにポーランド国旗を模した腕章やワッペンを付けたらしい。


DSC00317

展示品も映像も惜しみなく出してきている感じがしてリアルで良かったです。中には高めの塀で遮って子供には見えないようになっているところもあります。写真は武器ばかりになってしまったけど本人たちのインタビュー、使っていたもの、映像など見ごたえがあります。もちろんポーランド語中心だけど英語も結構あり。まぁ英語解読してたら全然進まないからほぼスルーなんだけどね(←最近になって特に自分の英語力にコンプレックスを抱え始めたことに気付き始めた笑)

帰り際にはとてもピースフルな"I love"シリーズのワルシャワバージョン(ポーランド語)を発見した。"Kocham Warszawa"と書くらしい。


IMG_3460


夜飯はトルンで買っておいたピエルニク(ジンジャーブレッド)。これはストロベリージャム。


IMG_3462

これはチョコ包み。


DSC00303


味についてのコメントは差し控えさせていただく事に致しました。

今日は7人部屋な訳だが久々に1人ちょっと怖いやつがいるんだよね。15時過ぎにチェックインしたら彼寝てたんだけどしょうがないからちょっとごそごそやんじゃん。そしたらサッて起き上がってカッと見てなんか言おうとしたんだよね。僕も怖かったし一応"Sorry Sorry"っつって。ポーランド語通じねーのかみたいな感じですぐまた寝たんだけど、ここからは今。別の人が部屋で電話しててさ。まぁ21時だしそんなうるさい訳じゃないから僕は別にいいと思うんだ。よくわからんけど共有エリアより電波良いし。そしたら彼がベッドに腰かけたままカッッッッッとその人の事を睨んでるんだけど。明日の朝誰か殺されてないことを祈ります。

明日生きてたらもう少しだけワルシャワ市内を歩いてポーランドの歴史に触れてみよう。暫く更新しなかったら少しだけ心配してみてね♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-ポーランド

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.