27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

ポーランド

DAY387 ポーランド:クダンスク 琥珀と第二次世界大戦始まりの町

投稿日:

宿でもらった地図と歩き方の情報を見てなんとなく今日の予定を立てる。外に出ると。。

DSC09948
雨。しょうがないね!明日この町出ることに決めたし。

DSC09949
路上で可愛らしいパン屋さんを見つけて朝飯にと思い2つ買うと4ズウォティ(約110円)!しかもクオリティなかなか!有り難や。

DSC09954

DSC09950
トラム(路線バス)を待つ。ヨーロッパ入ってから本当にトラム多い。もう完璧に町のシステムとして溶け込んでる。トラムが信号待ちをしているのは何回見ても新鮮。でも逆に言えばそこら辺の道に下手したら気づかないくらいのレベルで自然にレールが走ってるから日本みたいな感覚で油断すると簡単に轢いてもらえる笑
DSC09959 

DSC09958

トラムを降りてバスに乗り換える。雨の中バス停に行き時間を確認する。曜日が読めない。。。近くの人に平日は上で良いよねと確認する。さてと次のバスは、70分後∑(゚Д゚)観光地だからそれなりにバスあると思ってたー。
IMG_3352
雨宿りしながらどうやって時間潰すか考える。ってかTシャツと薄いウインドブレーカーしか着てきてないから寒い。帰ってから温度見てみたら12℃だった。逆に12℃でその服装でいけるってちょっと自分の体がおかしいんじゃないかと心配になった。

DSC09962
地図上で少し歩いたところにスーパーを見つけたのでそこで時間を潰すことにした。お、しかもスーパーの前にもバス停あるじゃん!しかしそこは僕の乗りたいバスは停まらないらしい。戻らないと。ついてないなー。

IMG_3354
このスーパーどっかの国で見た気がするんだよね。どこだったかな。誰か教えて!!今後曜日を確認するために写真を撮る。多分1番下が日曜日だろ。一個上の土曜日だけはスペイン語に似てる!ってかいつからか入国する前に「ありがとう」の言葉すら調べるの辞めちゃったな。。。

IMG_3353
スーパーで一時間近くぶらぶら。1ズウォティが約26円なんだけど玉ねぎ3ズウ/kg、ビール500mlが1.8ズウ、パスタ500gが1.3ズウ、オイルサーディン1缶2ズウ。安い。でも買っても安いから料理する気が起きない。でも新品の米1kg持ってるからはやく減らさないとな。とりあえず今は水だけ買おう。1.5Lが0.59ズオ。へ?わけわかんないんですけど。0.59ということは約16円。なんか怖すぎたので1.6ズウのやつを買いました。


とりあえず雨も上がった。バスに乗ると30分くらいで着くのだがみんないつ金を払ってるのかよくわからない。結局降りるときに運転手からチケットを買った。すると逆に偉いなみたいな感じで笑顔で対応してくれた。もしかしたらみんなあまり買わないのかもしれない。


僕がなぜこの町に来たのかと言うとバルト海を見るため!バルト三国行こうと思ってたけど辞めたからね。ちなみにこのまま海沿いを東に進むとリトアニアの手前にカリーニングラードというロシアの飛び地がある。2018年のFIFAワールドカップの開催都市にもなってるらしいね。プーチン大統領の元夫人の出身地でもあったらしい。しかしロシアの本土との間にあるリトアニアを通るときにはビザが必要など中々面白い。近年は急激に経済発展を遂げておりロシア離れの動きも出てるんだって。ま、ロシアビザ無いから行きたくても行けないけど\(^o^)/

そして待ちに待ったバルト海の海は!
DSC09977
 皆さんも分かってましたよね。僕も分かってました。天気悪いから。ってか週間予報見てもしばらく悪いから。この町に来る前に調べた方が良かったのか。いやそれは結果論でしかない。そして信じられないくらい風強いから。水もどす黒い。
DSC09985
さてさてテンション上げてヴェステルプラッテを観光してみよう。グダンスクはポーランドとドイツの争奪の的となっていた場所らしい。そしてここはまさにドイツ軍が攻撃を仕掛けて第二次世界大戦の火ぶたが切って落とされた場所。
DSC09967

DSC09966
その時は大軍ドイツに対して約200名のポーランド守備隊が一週間近く持ちこたえたらしく今も語り継がれている。ということでいくつかの要塞の跡が残されているのだ!見ていきましょう。
DSC09987
ほうほう
DSC09996
ほうほうほう
DSC00005
ほうほうほうほう
DSC09995
ほうほうほうほうほう
DSC09998
ははははははっ。

僕は1人で声を出して笑いました。周りには他の観光客もほぼいません。せめて倒木は処理しておけよ。荒れた海とこの遺跡を見るためにわざわざ雨の中トラムとバスを乗り継いできたのかと。普通に何もないところが多いの笑えたし。しかし安心しました。形が残っているものありました。 
DSC09992

DSC09994

DSC00004
ところどころに説明もあります。
DSC00002
ここには弾が直撃したが地下がシェルターとなっていたらしい。手前の黒い石には戦闘に参加したポーランド兵の名前が刻まれている。
DSC00010
中にも入れる。
DSC00018
これは亡くなったポーランド兵の墓。降伏までに14名が亡くなった。それに対してドイツ兵は200名以上が亡くなったらしい。
DSC00009
ここももう少し紅葉進んだらすごく綺麗そう。 
DSC00020
広場に出てきた。右側にでかい船が見えているがここら辺の運河には造船所が並んでいる。ポーランドの民主化運動の中心となったのはこの造船所の労働者でさらにその中心人物だったワルサは後に大統領になったらしい!
DSC00023
ここの小高い丘を登ると戦いの記念碑がある。ここからバルト海や運がが一望できる!との話だったが周りの樹が元気に成長した結果バルト海はほぼ見えなかった。
DSC00029
さて帰りますか!帰りのバスももちろん少ないので到着した時に見ておきましょう。ってかこのブログを見てここに行く人はいるのだろうか笑。いやまぁ晴れてたらね!3割り増しくらいにはなるっしょ!帰りも相変わらず払うタイミングがわからず最後に払った。ちなみに行きと同じメンバーが行きの106とは違う138に乗ったので便乗してみたら町に戻れました。

さてさてポーランドで最も美しい町の1つと言われるグダンスク市内でも見てみますか。
DSC00040
この大きい塔は元々囚人を監修したり拷問をするのに使われていたらしい。今は琥珀博物館となっており300円くらいで入れるので後で入ろうと思っていたけど入りませんでした!ここら辺は琥珀の一大産地らしい。
DSC00041
DSC00046
更に門をくぐる
DSC00045
おぉ!(正直言って予想外に)綺麗だ!!
DSC00047
24hのコンビニとかかなり珍しくない?
DSC00056
家の表面が平ら過ぎて絵みたいに見える。
DSC00064
散策の中心ドゥーギ広場に到着。海の神ネプチューンがこの町のシンボルらしい
DSC00139
いやーいいですね!この統一感とカラフル感。
DSC00087

DSC00088
もう一つ特筆すべきは建物表面の装飾。これがただの家だとしたら美しすぎる。RPGの世界だ。
DSC00084

DSC00090

DSC00078
さて運河に出ました。運河沿いを歩いてみるか。
DSC00103
綺麗だのーほんとに。
DSC00111

DSC00115

DSC00120
琥珀製品を売ってる店沢山。個人的には琥珀と言えば旅の序盤、メキシコのサンクリを思い出す!今思えばサンクリでは多くの素敵な日本人旅人との出会いがあり僕の旅が良い方向に動き出したきっかけの町だったなー。
サンクリの最終日

DSC00105

DSC00107
これは珍しい木製のクレーンらしい。なんかでかいからパッと見得体の知れない怖さを感じる。
DSC00116
少し逸れると琥珀製品の店が並ぶ通りに出た。各店雨でもショーケースを出して黄色く光らせている。
DSC00122
そこまで興味があるわけでは無いが1つ目を引かれたのはこの船。これはマジで美しかった。しばらく見とれました。
DSC00130
宿に帰り早めの就寝。なんだかんだいって楽しかった一日♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-ポーランド

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.