27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

中国 イギリス

DAY358 中国:広州→UK:ロンドン 1日30時間

投稿日:

もっと寝ていたいところだが5:30に起きてホテルが準備してくれたランチボックスを受け取ってシャトルバスに乗り込む。フライトの時間は9:30。昨晩寝る直前に時計を合わせていないことにハッとしたが台湾と時差は無かった。
IMG_2489
広州の空港はなんかわかりにくくて迷ったが周りの人に聞いてゲートに向かう。ここで気付いた台湾との違いなのだがやはり同じ顔をしているがかなりの違いがあるように思えた。愛想が無いのだ。英語で挨拶とか礼を言っても無視してくる人が多い。まぁ愛想が無いから悪い人なのかと言われればそうではないのかもしれないが。飛行機に乗り込むと僕のすぐ近くで通路側に座っている女性がいた。彼女は自分の真ん中の席が嫌でそこに座っていたようで、すぐあとに本当にそこの席の人が客室乗務員と一緒に来て指摘され、女の人は真ん中の自分の席に移る。普通はあ、ごめんなさい、みたいな感じだろうが彼女は来やがったよみたいな態度で隣に移った。なんていうか、全員がそうではない、というのはもちろんそうなのだがこの短時間で大きな違いを感じるということはやはり大きく違うのではないかと思わざるを経ない。
IMG_2491
約12時間のフライトタイムは寝たり日記を書いたり映画を見たりして過ごした。結構あっという間。相変わらず窓際を選んだ。自分は水分を少なめにすれば大体6時間に一回くらいトイレに行けば大丈夫なことがわかってきたので機内では一回のみで済んだ。

UKへの入国審査は結構緊張していたがアイスランドへの乗り継ぎという事を伝え、チケットを見せ、空港で寝る、と答えるとすぐにスタンプを押してくれた。

やはり空港泊は憂鬱。僕がたまに使うサイトは
THE GUIDE TO SLEEPING IN AIRPORTS
まさに空港泊の為のサイト笑。寝やすいターミナルやその場所、Wifiやラウンジがあるかなどの情報が網羅されている素晴らしいもの。そしてラッキーなことに僕が到着したターミナル4がヒースローで一番寝やすいらしい笑
BlogPaint
入国した時間は夕方6時ごろだがなんかやたら眠い。そりゃそうだ、時差が6時間あるから昨日までの時間だと日付が変わった頃になるのだ。やたら長い「今日」は30時間。台湾を出てからアイスランドに着くまでの合計時間は51時間。2日越えてきたかー。。。
IMG_2497
ロンドンには幾つかの空港が有るのだが今回はヒースロー空港に到着して明朝はルトン空港から出発となる。といってもそれらの空港が結構離れているのだ。面倒くさい。移動手段はバスか電車。電車の方が安いが一度町に出てからの乗り換えだし翌朝のフライトは朝7:30と早くて不安。そしてなによりアイスランドでは確実に体力を消耗するのでここでは極力抑えておきたかったのだ。National Airwaysという会社が直通バスをこのターミナル4から出しているということでチケットを購入。25ポンド。高ーな。しかもルトン空港は寝る場所が無いとの情報なのでここで寝て出発したかったのだが明日朝一のバスだと到着が7時とアウトなので諦めて今晩の最終便23:40発を購入。寝心地が良いと評判のターミナル4で暫く休みバスに乗る。結局このバスが一番寝心地良かった。
IMG_2504
空港の外に出ると寒さを感じてハーパンからジーンズに着替えた。1時過ぎに到着したルトン空港はオレンジが目立ち、どうやら僕が乗るEasy Jetの御膝元のようだ。
IMG_2507
まだチェックインまで3時間以上ある。椅子は確かに少ないが横になれる場所は困らない。同胞も結構沢山。
IMG_2505

IMG_2506
さてさて!念願のアイスランド行ってくるー\(^o^)/やばいマジで楽しみだ!アイスランドでは基本車中泊になるので恐らく更新不可です。ということで早速1週間くらい滞るかも。行ってきます
 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-中国, イギリス

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.