27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

台湾 中国

DAY357 台湾:台北→中国:広州 タダで良いホテルに泊まる方法

投稿日:

朝飯と洗濯を済ませる。朝飯は昨日Ericが土産にくれた饅頭。うずらの黄身がそのまま入ってた!最後までありがとう!なんていうか台湾は旅っていうよりも完璧に旅行だったなー。知り合いもいたし。というか、実はこのあと2カ国も知り合いと会う予定があるのです\(^o^)/そのあとは当分一人旅だからねー。甘えれるところは甘えるべ!

IMG_2470
昼前に宿のスタッフからいってらっしゃーい!と見送ってもらいお気に入りの宿を後にする。向かったのは台北メインステーション。ここのZ3出口から出てすぐの臺北西站A棟とういところから桃園空港までのバスが出ている$125。ここまで来ると日本人沢山。降りるターミナルは2つあるので注意ましょう!


台湾newダラーが余ってしまったのでインスタントラーメンやキットカットを購入。いつも通りラウンジで昼飯を済ませる。完璧に元取ってるプライオリティカード。何よりも空港まで行っちゃえば腹いっぱい食える、というのがバックパッカーには大きんな心の支えになる。ちなみに公式のアプリに出ていないところも意外と使えたりするので他のネット情報も参考にした方が良い。
IMG_2480
初の中国南方航空に乗り込んだ。中国、という事は、降機の時にたまに見るあの床の下とかシートがゴミでぐちゃぐちゃになったシーンが頻繁するかもと期待したがそうでも無かった。もしかしたら偏見なのかもしれない。

IMG_2482
到着したのは中国の広州。アジアのハブ空港の1つだろう。僕はこのまま国際線で同じく南方航空で乗り換える予定。そして乗り換え時間は約18時間。。。だって安かったんですもん。


先に言います。次の目的地はアイスランド!遂に遂にこの時が!ということで台北→広州(空港泊)→ヒースロー(空港泊)→アイスランドという2泊の強行空港泊を想定していたのです。だから昨日もEric泊まっていいよって言ってくれたけど宿とってゆっくりしたんだよね。ちなみに台北→ヒースロー 48000円で取れた!安くね?詳しくないけど安い気がする。


ということで事前に調べたところ広州の空港では各3時間まで使える幾つかのラウンジがあるが大きな問題が立ちはだかる。どこも深夜closeするのです。でももうしゃあない。とりあえず夜飯、朝飯、充電、仮眠できりゃいいだろ、close中はソファ探すか。と、他の人の流れに乗ってtransferの道を辿っていると目に付いたのは"transfer accomodation"え?ま、ま、ま、まさか、乗り継ぎ時間長かったらホテル泊まれるとかいう神がかったやつですか?すぐに南方航空の係員に聞くと無料でご利用頂けます。キタコレーーー∑(゚Д゚)こんなポジティブな誤算珍しいよ!まぁ、デメリットとしては朝飯はホテルに付いてるとしても夜飯は自腹というところだよね。このまま空港にいたらラウンジで腹一杯食えるから。でも、そりゃホテル選ぶわな。(今考えるとチケットは持ってるからセキュリティの内側でラウンジ入って飯食ってからそのカウンター並べば良かったのか?空港の構造的に行けるのかは不明)。ちなみに他の航空会社でもこういう話は聞いたことがあるしあとどっかの空港では無料の市内観光に連れて行ってもらえるとかいう話も聞いたことがあるので長期滞在の時は聞く価値あり。


中国南方航空の広州乗り継ぎに着いて

ホテルは空港内には無いので係員の指示に従い一度入国する。南方航空のハブ空港だけあって至る所に案内の職員がいるのでかなり嬉しい。結構誰に聞けばいいか迷う時あるからねー。乗り継ぎだけで入国になったのはトルコに続き2カ国目。カード一枚書いて出すだけで即行で入国。チケットを持って指示された場所に行き自分でホテルを選びシャトルバスで送ってもらえる。

到着したのはHoliday innというかなりちゃんとしたホテル。なんかハーパン、Tシャツ、リュックの僕は浮いてる気がする。チケットを持ってカウンターに行くと係員が発した言葉は「キングサイズでよろしかったでしょうか?」一瞬反応が遅れて「なんでもいいよ。」と答える。なんて答えるのが正解なんだ。そして不安だ。僕はそこまで来たところで恥を忍んでもう一度宿のスタッフに確認する。「あのーこれって全部航空会社が払うから僕は無料で泊まれるんですよね?」確認完了。これで一安心。明日の朝は早くのシャトルに乗るから朝飯食えなそうだったのだがランチボックス作っておきますと素敵な対応。

そして部屋は
IMG_2484

IMG_2485
枕の硬さ選択可
IMG_2486
最高やないかーい!この後の旅でこんなでかいベッドの個室で寝れること無いだろ。こんなでかいバスタオルで体拭けること無いだろ。残念だったのはこれがわかってれば着替えとかも持ってきたんだけどな。想定していなかったから預け荷物に入っているのです。周りも特に何も無さそうだったので持っていたキットカットで夜飯を済ませ引きこもってゆっくり。そうです。マジで無料でこんなホテルに一泊した。日頃の行いが良かったということにしようこれで二泊連続空港泊が解除になったから大分体楽だぞー!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-台湾, 中国

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.