27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

イスラエル

DAY329 イスラエル:エルサレム ユダヤ、キリスト、イスラムの聖地

投稿日:

今日はエルサレムの旧市街を歩きに行きます。少しだけシリアスに調べた事、感じた事を書いて行こうと思いまーす\(^o^)/

昨日土曜日でスーパーに行けていないため朝からお買い物。ヨルダンから来た、というのもあるがやはり物価が高く感じる。パスタ500gが140円、トマト1kgが220円、米1kgが330円、カップヌードルが165円、鶏肉1kg(さばいてあるやつ)が1100円。鶏肉やばっ笑。
IMG_0400
 4泊くらいはする予定だったので必要な食材を買い込んだら3000円越えてしまった。米とかニンニクとか買ってくればよかったなマジで。まぁこれで3or4日分だと思えば安いか。
IMG_0401

IMG_0402
 さーて旧市街にでかけよう!ここからは歩くと40分くらいかかるらしい。歩けないこと無いけど暑いしなー。トラム(路面電車)があるようなので見るだけ見てみよう!片道5.9ディナ(約162円)。回数券は値段が変わら無いようだ。うん。乗ろう。。笑
IMG_0412
ということで迷うことなく購入して乗り込む。一本乗り過ごしたかと思ったがすぐに次のが来た。トラムありきの道になってるのがいい感じ。日本ではあまり馴染が無い路面電車だが色々な国で見ることができる。車と同じように信号はちゃんと守ります。
IMG_0567

IMG_0421
~~というところで降りる。いやさ、僕が使ってるmaps.meでも駅名とか地名がヘブライ語で書かれてるからGPSだよりな訳です。

至る所に「ダビデの星」と呼ばれる青い六芒星の国旗が掲げられている。これはユダヤ教の象徴らしい。
IMG_0417

IMG_0424
町には超正統派と言われるユダヤの人々が歩いている。彼らの国だから当たり前なのだけれども。黒いハット、スーツやジャケット、髭がトレードマークだろうか。ごめんなさい。正面からなんて撮れないので後ろから失礼していますm(_ _)m僕はカナダのトロントでも見たことがあったのでそこまで新鮮味は無かった。調べてるとこの超正統派と他のユダヤ教徒との軋轢もあるようだ。
IMG_0422


この見えているのがエルサレム旧市街の城壁。
IMG_0429
もちろん城門からでないと入れない。ツーリストインフォがあるというヤッフォ門を目指す。
IMG_0431

IMG_0441
なんとなく写真見てもらうと感じるかもしれないけど、とっても平和な空気が漂っています。ってか宿の周り歩いてるときとかなんか日本にいるのかっていうくらい似た匂いを感じた。ただ、至る所に警備の方々がいらっしゃいます。女性もかなり多い。そしてイスラエルの女性はかなり綺麗だ。。。
IMG_0439
ってことでヤッフォ門突入!まず入ってすぐ左のツーリストインフォで地図をゲット。
IMG_0440
すげー綺麗な観光地じゃないか\(^o^)/欧米人観光客も中国人観光客も沢山。
IMG_0443

IMG_0445
ただやはり警備の方はいらっしゃいますね。。ここイスラエルはユダヤ人の為の国でありしかも聖典上は、「約束の地」、として神からイスラエルの民に与えられ紀元前1000年頃のソロモン王の頃には栄華を極めた。その後、国の分裂や迫害で散り散りになったユダヤ人がホロコースト(大量虐殺)などの苦難を得て戻ってきたのは1900年代。そして建国は1948年だがその時に元々このパレスチナ地方に住んでいて、土地を乗っ取られた形になったアラブ人との対立がパレスチナ問題。

ガザ地区とこのエルサレムのあるヨルダン川西岸地区が国連によりパレスチナ自治区と定められているが、特にこの西岸地区の半分以上は実質イスラエル側が武力を行使して占領している形らしい。中東戦争というのも仲間のアラブ人の土地が危ない!というアラブ諸国(ムスリム)とイスラエルとの戦争。ヨーロッパにいたユダヤ人がイスラエルに戻るときに武器や戦闘のノウハウを持ち帰った、又アメリカがイスラエルを支援していることでイスラエルの軍隊は戦争に勝利していったらしい。その後幾つかの全面戦争と小規模紛争を経て今の強いと言われる軍があるんだな。今は男3年、女2年の国民皆兵国家。

なんていうかー、ニュースだけを見ているとただ乱暴なだけに思えてしまうけど少しだけ歴史を辿ってみると、今までの苦難の歴史を経て今度こそは自分たちの土地を手放さないぞ、という意思の元成り立っているのかなとか思った。もしもユダヤ人の国家があれば過去のホロコーストも起きなかっただろうしね。と、少しだけ勉強してみたのでした。

エルサレムの旧市街で面白いのは北東のムスリム地区、北西のキリスト教徒地区、南東のユダヤ人地区、南西のアルメニア正教徒地区、と城壁の中が4つに区分けされているところ。ちなみにエルサレムは国連の決定で国際管理都市、としたがイスラエルが占領してここが首都だ、としたが他国は認めず首都はテルアビブになっているらしい。なんていうか、世界でこんなに大切なことがうやむやになってるんだなー、という驚き。ここでの僕の疑問は基本パレスチナ自治区にいるパレスチナ人は自由にはイスラエル側に入れないが、エルサレムのムスリム地区にいるパレスチナ人はイスラエルの中で普通に生活している。なぜ?ただ単にこの人たちが「パレスチナ自治区」では無くエルサレム、に住んでいたからだろうか。。。ダメだー\(^o^)/気になったこと全部調べてたら終わらねー。とりあえず妥協しまーす\(^o^)/

城壁内を歩いていると僕がここ最近見慣れたムスリムのローブを着ている人、ユダヤの超正統派の黒スーツハットの人等が共存しているのはとても新鮮だ。というか他の場所では見れないだろう。見かけ上はそれぞれが尊重し合って、というよりも干渉し過ぎずに仲良くやっているように見える。

この人が被っているのはユダヤのキッパというもの。神に対しての謙遜の意があるらしい。乗っかってるだけだと思っていたら風が吹いてもペラペラと飛ばないでいたのでよく見る髪の毛止めるクリップで止めていた。
IMG_0448
バッグギャモンで遊ぶおじちゃんたち。全体的な街並みはモロッコで見たメディナを思わせるなー。
IMG_0451
さーてさて!エルサレムの主役の1つめ行きましょう!実はここには三つの宗教の聖地、が集まっているのです。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教。ここまで来ればこれを聞いてもそこまで驚かないだろう笑

一つ目はユダヤ教の聖地、嘆きの壁!昔この壁の向こう側にはエルサレム神殿という超神聖なものがあったが壊されてしまったかららしい。そしてまさかの現在は向こう側にはイスラム教の聖地があります。。。
IMG_0468
沢山の超正統派の人が出入りします。
IMG_0569

IMG_0481
壁は男と女で仕切られていて入場には頭を隠す必要があるらしい。レンタルもあったが僕は自分のキャップを被って入った。一心不乱に祈る人々。ん?待てよ。祈るって何を祈ってんだ?、、、、、調べたけどなんかいろいろ祈ってるらしい。難しいから諦め!
IMG_0475

IMG_0477
さーてさて。聖地第2弾!壁の向こう側の岩のドーム!が、なんかもう今日は入れない、みたいなこと言われたような。明日の朝は開いてるとの事なので飛ばす。

次はキリスト教です!聖地、に向かう前にイエスが死刑判決を受けて十字架に処刑されるまでの道のりがあるということでそこに向かってみる。警備してますねー。
IMG_0502
すると、美味しそうな少年がお菓子が売っていたのでつい買ってしまった。(←最近東京喰種読んでたからつい。笑)イスラムの国では酒を飲まない代わりにスイーツが充実してるのかなーとか勝手に思う。そう考えると酒をがぶがぶ飲む欧米人にとってキリスト教はもってこいだな。
IMG_0504

IMG_0507

IMG_0685
急いでもいないので少し適当にぶらぶらしてみると人気が無いところに出た。中々綺麗な街並み。
IMG_0519

IMG_0514
そしてドロローサという例の道に到着。
IMG_0535
1~14まで死刑の判決を受けたところ、十字架の重みに耐えかねて躓いたところ、息を引き取ったところ、等数字が付けられて辿れるようになっている。とはいってもこんな感じでただの入り口、とかもあったりするけどね。ちなみにスタート地点終点は今はムスリム地区のようだ。面白い。この6はベロニカという女性がイエスの顔を絹のハンカチで拭ったところ、らしい。
IMG_0538
そしてたどり着くのが、キリスト教の聖地、聖墳墓教会。ここはイエスが十字架に掛けられたとされるゴルゴダの丘に建つ教会。さっきの道のゴールもこの中。
IMG_0542
熱心な教徒たちがお祈りに来ている。中はとても広くまた、キリスト教の複数宗派での聖地でもあるので内部での棲み分けがあるらしい。面白いのは各宗派が門の所有権を争っているから毎朝入り口の門を開けるのはアラブ人の少年の仕事なんだって!歩き方によると。
IMG_0549

IMG_0545
そしてなんと、ここにはイエスの墓があるのです。そりゃ納得の聖地ですわ。特別に囲まれていてここだけ列ができているのですぐわかる。
IMG_0551
最初は教徒でも無いし、礼もわからないしあまりにも畏れ多いから辞めとこう、と思ったがせっかくここまで来たのでやはりお会いしておこうということで入ってきました。もちろん写真は撮っていません。

日も傾いてきたのでキリスト教区を歩いてダマスカス門から出る。敷地内ではいろいろなお土産が売ってるんだけど、僕が一番衝撃を受けたのは

IMG_0558
え?( ゚Д゚)これいいの???ピカジュー???イスラムでは進化論がー、とか偶像崇拝がーとかで問題になっているのに。同じ旧約聖書を経典としているユダヤ教ではこんなことが!でもなんかこういうポップなところもあるんだな、と一安心。

帰り道に見つけたイスラエルのハトは二色でかっこよかった。
IMG_0563
いやー、ここに来たら嫌でも宗教の事考えちゃう。しかし完璧に勉強不足です。今回の日記は自分が調べたことのアウトプット、メモ、自分が感じたことを忘れないように、というのを中心に書いてしまいました。ここまで読んでくれてありがとね!なんだかんだこの一つの日記で4時間かかったぜ!笑。今までで一番の大作、な予感もする。まだ調べたいこともあるけど疲れたのでこの辺で。

明日は旧市街の残りとオリーブ山に登ってきます!明日も同じような日記続くかもよ?笑
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-イスラエル

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.