27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

モロッコ

DAY302 モロッコ:シャウエン→フェズ 特記すべきはラマダン(断食)のナイトライフ

投稿日:

五泊した青い町ともお別れ。宿の張り紙によると僕たちの次の目的地のフェズまでのバスは一日四本。宿の人が電話をして予約してくれると言っていたが昨日の夕方に電話してもらったが電話が通じない、とかなんやかんやで予約できず。10:30のバスに乗るべく直接向かうことにした。
IMG_9277
見慣れた、歩き慣れた道を通ってメディナから出ると、すぐにタクシーが泊まっていたので値段を聞くと50ハム。30でお願い、というとすぐに30になった。こじんまりとしたバスターミナルに到着すると「フェズ―、フェズ―」とすぐ客引きが寄ってくるのでチケット購入。70ハム(約730円)。あれ?75じゃないんだ!ラッキー!荷物を載せようとすると手伝ってくれるおっさん。自分で入れようとするといいよ、と強引めに取られて載せられる。10ハム。は?少し重いのは認めるけど荷物を3秒くらい持って移動させただけで10ハムくれとか言ってんの?このおっさん。社会舐めんのもいい加減にしろよ。とイラっとしつつもネットで見たモロッコでは荷物を運ぶのに追加料金がかかる、という情報を思い出した。はたしてこの10が荷物を運んでもらう正規なものなのかそれともただ「載せた」というあのおっちゃんの労働に対する報酬なのか、言葉がわからないので確認することはできなかった。ラッキーな事になぜか10時に出発した。10:30のバスとは別物だったのだろうか。

バスは相変わらずエアコンが付いていなかったが窓を開けてくれるのでそこまで不快では無かった。シャウエンからフェズまで4:30。バスを降りて調べていた宿に向かう。再びタクシーで30ハム。基本今までのところタクシーの運ちゃんは皆親切で最後は笑顔で別れられる。スマリン門(Bab as-Semmarine)まで宜しくというとHotel Agadirを知っていたようで一通をバックで逆走して宿のすぐ近くまで行ってくれた。
DSC05109
トリプル130ハムでチェックイン。1人約450円だ!安い!部屋はまぁ安かろう悪かろうではありゴキブリと格闘したり路上がうるさくて寝付けなかったりしたがまぁ良いだろう。朝からパンを二切れしか食っておらず腹が減っていたのでレストラン探しにGo!これは有名らしいブ―ジュルード門Bab Boujeloud。
DSC05111
実はこの旧市街は世界遺産に登録されており内部は世界最大の迷路とも言われる。これは敵の襲撃に備えて敢えて迷路状にした城塞都市らしい。2.2km×1.2kmもあり車は入れない。とりあえず入ってすぐに捕まった客引きのレストランに入った。タジンorクスクスのコースで50ハム。サラダ、スープ、タジン、甘いお菓子、ドリンクが付いていてお腹いっぱい。このモロッカンサラダが美味いのだ。タジンも上手いけどどこもそこまで変わらない気もする。
DSC05114
チキンとベジタブルのタジン
DSC05116
チキンとポテトのタジン。レモン風味
DSC05117
メインが出てくるのがとても遅かった+最後にキッチン代10ハムとか言ってきたのでお勧めはできない店だった。(他の店でも言われた。シャウエンでは無かったんだけどな。)

さてさて雨も上がったのでほんの少しだけメインストリートを歩いてみる。
DSC05121
ゆかちゃんが砂漠に備えて頭に巻く布が欲しいという。見ているとすぐに店員が寄ってくる。とても感じの良いおじさんだった。僕たちがいいなーと思っていた布。いくらなら買う?と聞かれ相場が全くわからなかった僕たちは30と言ったらいや、170だ、と言われる笑。え?そんな高いの?しかしそれは頭に巻くようでは無いとわかったので店を離れようとすると自分の別の店に行こうということになった。店の中ではタジン鍋で調理中だったようでとても良いにおいがしていた。
DSC05123
気に入った色を言うとすぐに頭に巻いてくれて写真を撮ったりして買うか悩む。買うか―ということで値段を聞くと細かく忘れたが言い値は150とか。本当に30とかで買えないものならば辞めようと思っていたので頑なに30で通しているとキレ始めるおじさん。帰ろうとすると通せんぼして「お前らは俺をからかっているのか」「お前らみたいな日本人がモロッコの経済をダメにしたんだ」みたいなことを英語やスペイン語で言ってくる。確かに相場を全く知らないからなー、自分たちが言ってる30がどんくらいなものなのか。もういいよ、と帰ろうとするも帰らせてもくれない。結局30分くらいかかって最後はおじさんが折れてくれて3枚を100で売ってくれて笑顔で別れた。さとし君達の使い古した2色ペン取られたけどね。他の店でも見ているとすぐに寄ってきて他のも見ろよ、といろいろ出してくる。見ようによってはうざい、が見ようによっては商売熱心で商売に対して真剣なのだとも思う。通せんぼしたり引き留めたりするのは、手ぶらで帰らせるのは商売人としてのプライドが許さないのかもしれない。とりあえずおじちゃん安く売ってくれてありがとうm(_ _)m戦利品の写真は砂漠にて!

お目当ての物を手に入れて明日のバスチケットと楽しみにしていたスーパーに向かう。勉強する気すらそがれる文字。笑。もしかしてアラビア語にも数種類あるのか?
DSC05126
マックも
DSC05127
メディナから30分以上かけて到着したバス会社のオフィス。はい、閉まってました( ゚Д゚)明日の夜行だからまぁセーフだけどせっかく来たのに残念過ぎる。次の目的地メルズーガへ直行を出しているのはsupuratours一社のみらしい。電車の駅のすぐ南側にオフィスがあります。明日出直すか。

帰りに寄ったのはビールも売っていると噂のスーパーcarrefour。シャウエンプチ沈没中はラマダンだからか、それともそもそも売っていないのかわからないがアルコールを見ることはなかったので持ってきていたビールとワインが尽きてからはコーラで紛らわしていたのだ。日が落ちる前に帰りたかったので早足で向かうと、閉まってました( ゚Д゚)( ゚Д゚)。明日なら空いてるよ、とのこと。結局後半は何もタスクをこなす事無く帰途に着く。途中いつも通りコーラを買って帰った。かなりでかいスーパーだったのに残念だなー。
DSC05128
果物で夜飯を済ませ疲れていたので早目に就寝。21時ごろの通りはとても静かだった。
IMG_9314

IMG_9312
寝付こうとしたが、、、何やらうるさい。23時ごろになって人増えてるー!!日が沈んでから少し経ってから盛り上がるんだな!!
IMG_9320

IMG_9319
面白そうだ!散歩するしかないだろー(^^)/さっきまで店なかったのに出てるー!
IMG_9322
レストランも満席やで。日の出から日の入りまで何も口にできないラマダンだが見ていると日暮れで空襲のような合図のサイレンが鳴るのをみんな心待ちにしていて人によってはテーブルに飯の準備をして会話しながら待ってる人もちらほら。そしてみんな一斉に食いだすのです。そりゃ腹減るよね。しかも彼らは[「「ラマダン中で」腹減った状態で接客しているのに何も買わないのか」とかタクシーに乗っていると「ラマダン中で」間もなく日が沈むからかえって飯食わないといけないので町まではいけない」とかラマダンを理由にあーだこーだ。言ってくるわけです。しかしそんなことはそっちの理由でこっちの知ったこっちゃないから言い訳に使ってんじゃねーよ、と思わざるを経ない訳ですがラマダンに対する認識が薄いので偉そうなことは言っちゃいけないな。。。逆にこの時期に重なってラマダンに触れられたことを幸運と思おう。もちろん酒を飲んでいる人はいない。
IMG_9323
スマリン門を潜ると地元の人向けに見える市が昼間以上に賑わっていた。
IMG_9329
皆さん民族衣装をカラフルに着こなしてとてもお洒落です。店番をしている子供と目が合うと笑顔でハローと声を掛けてくれた。小さいのに逞しい。
IMG_9355
結構セクシーだよね。
IMG_9334
肌の露出がーとか言うが下着のディスプレイは至って普通なのがなんか違和感だった。。
IMG_9349
もう活気が凄い!!僕には地元の人本人たちが楽しんでいる時間のように見え、だからか昼間ほど観光客である僕に対する客引きがうっとおしくなかった。昼間たまったうっぷんを涼しくなった夜に思いっきり発散しているかのように(僕の主観です)。やっぱこういう楽しみがないとやってらんないよな!そりゃそうだ!
IMG_9330

IMG_9352
トランプで賭けをしている人たち。左の人は「こんにちはー!!」と叫んでポーズを決めてくれた。皆スゲー楽しそうだなおい。。。笑
IMG_9369

IMG_9360
僕も道端で売っていたサンドイッチを買ってみた。
IMG_9371
ん?待てよ。ソーセージって普通豚じゃない?イスラム教徒って豚肉食わないんじゃ、、、、、え?何の肉?確かに豚らしからぬぱさぱさ感だったな。ヤギとかロバとかか???言葉分からなくて聞けなかった。
IMG_9372
ということでフェズにてラマダン中のイケイケナイトライフに触れたのでした!人通り多いところなら夜の街歩きおすすめです!
 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-モロッコ

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.