27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

スペイン

DAY285 スペイン:カミーノ3日目 パラスデルレイ→メリデ

投稿日:

5:30に起き、干したまま忘れていたパンツと靴下を見に行くと濡れてる。地面を見ても夜に雨が降ったようだ。最悪。。せっかく洗ったのに。しかし、今雨降っていないだけマシだ。僕達はカッパを持っておらず買うか迷ったが雨ならその日は休もうという事にしていたのだ。しょうがないのでバックパックにパンツと靴下を引っ掛けて歩く事にした。


僕は今衝撃的な事実に気づいた。今日は歩いてる時一枚も写真撮ってねー*(^o^)/*


今日は少なめの15km。ずっと曇ったりパラついたり(その度にパンツ靴下を出し入れ笑)していて綺麗な景色は見れなかったー。でもホントザーザーならなくてよかったよ。しかも今日は何故か歩いている人が昨日と比べてかなり少なかったのだ。みんな天気予報見て今日はやめたんじゃないか、とか勝手な憶測をしてしまった。


さらに言うと僕達は情報が明らかに足りていない。アルベルゲや休憩している人を見るとみんな冊子になったカミーノのガイドブックのようなものを持っていてそれには何km地点にどんな町があってどんなアルベルゲがあるといった情報やカフェや行程の上り下りが書かれているようだ。僕達は日本カミーノ・デ・サンティアゴの公式ページを保存した情報のみ。どうりでみんな休憩のタイミングなどを知っているように見える。カミーノの道沿いには意外とベンチが少なく、カフェ以外で休憩できる場所は正直多くない。もちろんカフェはトイレを借りる以外スルーする僕達は休憩したくても良い場所が見つからず何kmも歩くということがよくあった。


いやいやそんな情報ブック持って巡礼して何が楽しいんだ!昔の本当の巡礼はそんなもの無かったでしょ!(→完璧負け惜しみ)という精神で僕達は地図を持たずに臨んでいた笑


昨日よりも10km近く短かったのでとても楽に感じたし体も少しずつ慣れてきたようで3人とも歩き終わった後の疲労度はかなり少なかった。


10時ごろにはメリデの町に入っており、アルベルゲによってはまだオープンしていなかった。ベンチでフランスパンと昨日の残りの生ハムを食ってから宿探し再開。地元の人にも聞きbooking.comの評価9.2と外に掲げるアルベルゲに入ると部屋はまだだけど荷物置いていいしキッチンも使っていいよ、とのこと。流石高評価のサービス*(^o^)/*wifiも3つもルーターがあり絶好調だ。


1番乗りだったので少し庭でゆっくりしてから買い出しする。スーパーは結構多く、FROIZ、EROSKI、DIAなど充実していて嬉しい。最早ルーティンでワイン一本、ビール9本(3本ずつ)、昼のパスタ、夜のご飯系、朝のパンと買い物をしても3人で10ユーロくらいで足りてしまう。重くなるので極力その日使う分の食材しか買わないようにした。宿が10ユーロで無駄遣いは一切してないので1日あたり13ユーロで歩ける。アルコールと生ハム付きだ。ビールが安すぎる弊害で他のものの値段を見た時にビールで何本、と換算してしまう癖がつき簡単に無駄遣いできなくなったのだ。たとえばカフェで売ってるコーラ1本=1.5ユーロ=ビール7本、みたいなね。


とても綺麗なキッチンでナポリタンとフリーで見つけた韓国味噌汁を準備。2人の旅料理スキルが高いので勉強になります!!いつもニンニクをオイルで挽くところにから始まる。真似しよう。基本的に油や簡単な調味料は宿のキッチンに置いてある。





ここではまたドイツ人夫婦や何度かあっている日本人女性と同じアルベルゲだった。幾つもあるのだがやはり良いところに集まるものなんだなぁと感じた。日本人女性は恐らく60代だが僕達と同じスタートで同じペースなのに足にマメ1つ無くどこも痛くないという。脱帽ですm(_ _)m


今日は昨日とは違い到着が早かったので体も心も余裕があり大分体力が回復した。wifi良かったのでスペイン以降のルートや宿、交通手段の調べ物を開始して就寝。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村


-スペイン

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.