27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

スペイン

DAY282 スペイン:レオン→サリア カミーノ出発の地へ

投稿日:





朝飯食ってレオンの宿をチェックアウト。早起きのペリグリーノ(巡礼者)達は朝早く、7時くらいには出発しているのでほぼ誰もいなくなっていた。いつもの移動よりは軽くて楽なもののこれを持って1日20km歩く、と考えると不安を覚えた。

今日の目的地はサリア、という僕達が出発地に決めた町。レオンのバスターミナルの近くには巡礼者の証である貝殻をつけた3人組。同じ姿の僕達を見て挨拶してくれたのだがここからチート、いやいや、バスに乗るということで若干の負い目を感じた。しかし、彼らも同じバスだった笑。レオン→ルゴ→サリアと一回乗り継ぎ。トータル20ユーロくらい。なんと、最初のALSAのバスにはWifiも各個人にディスプレイも付いていた!しかもそのディスプレイにはゲームはもちろんそこからネットに接続できるのだわ!ヨーロッパクオリティ半端ねー!こんなの初めてで興奮したがangry
birdですぐに酔ってしまった。




こういうのどかな自然を通っていく。




ルゴ→サリアはmonbusという会社のミニバス。やはりサリアスタートの巡礼者は多く明らかにそれとわかる人たちが沢山バスに乗り込んだ。




サリア到着。僕達は口コミで「ロケーションがlovely」と書かれていたアルベルゲを予約してあった。行ってみるまで何がラブリーかわからなかったが、どうやらまさに巡礼路上にあり、またスーパーやバルから近かった。そしてこの庭。これはラブリー意外の何者でも無い。




アルベルゲは公と私があるのだが、公の方は基本安いが一泊だけしか泊まれないらしい。やはり予約サイトで予約できる最安値は大体10ユーロだがこちらは私のようで何泊いてもいいよ、と言われたし結構綺麗だったと思う。チェックインの時にクレデンシャル(巡礼者手帳)を出してスタンプを押してもらう。

サリアからサンティアゴまでは1日2回スタンプをもらう必要があるらしくすぐ近くだったカテドラルでもう1つのスタンプを貰った。スタンプを押してくれた人はまさに隣人愛に溢れた人で、笑顔でとても親切に初心者の僕達に説明をしてくれた。帰りにスーパーに寄るとやはり巡礼の観光資源力を感じる。




また3人で飯を食ってからワイン飲んでトランプをしているとアルベルゲの人からみんなで酒を飲むんだが来ないか?とお誘いを受ける。大きなところではないので集まっていたのは10人少々だがお互い自己紹介したり1人がギターを弾き始めたりして楽しく過ごした。見渡すと僕達と同年代のカップルが1組、あとは皆さんリタイヤされたくらいの人たちだった。アメリカ人、イタリア人、ドイツ人、オーストリア人と英語での会話だがおじいちゃんおばあちゃんなのでゆっくりの英語で会話がしやすかった。僕達が明日スタートだと言うと「朝6時くらいに出た方が良い」とか「初日はペースを落として」とか親切にアドバイスをくれた。




明日の目的地だけ3人で決めて早めに就寝。自分で歩くと決めたものの楽しみなような、憂鬱なような。笑

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 

-スペイン

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.