27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

エクアドル

DAY252 エクアドル:ガラパゴス諸島 ガラパゴス入島!

投稿日:

家のホストが空港まで送ってくれると言う。朝の6時だったのでとてもありがたい!バックパックを背負いサブバックを前に抱え両手にも荷物を持って空港に向かう。震災の影響は微塵も感じさせない。観光客も沢山。

IMG_7714
グアヤキルの空港ではチェックインする前に20ドル払ってガラパゴスのツーリストカードのような物を受け取り荷物の検査を受けなければならない。国内線だが生態系を崩さないように荷物は制限される。 僕たちは各自預け荷物一つでリュックと食材の入った汚いスーパーの袋2つずつは持ち込みなのでどうなることかと思ったが何も言わずに通してくれた。

IMG_7717
セキュリティを通る。やはり国内線なので水は持ってても何も言われず、かずくんが一本持ってた缶ビールも何も言われなかったから良いのだろう。グアヤキルの空港は無料wifiもあり綺麗で快適。ここでしゅうへいさんとも合流して4人で飛行機に乗り込む。これ

IMG_7716

ではもちろん無くてA320でした。朝8:10発のTAME航空だったが軽食でサンドイッチも付いた。約2ヶ月ぶりの飛行機か。仕事をしていた時は最早何にも思わなかったがやはり飛行機というのはワクワクするものなのだ。テンション上がるー!

IMG_7722

そして乗ってるのは大方観光客という島らしい特徴だとも思うのだが乗ってる人みんなが到着が近づくにつれてワクワクソワソワし始める感じが意外と好き。

IMG_7721

到着(^o^)/

IMG_7723

僕が旅をしていて「遂にここまで来たな」感が今まで特に強かったのはパナマ、ウシュアイア(世界最南端の都市)、ウユニ、そしてガラパゴス。南米は地球の裏側、という認識もあり感慨深いところもある。空港では入島料の100ドルを払いパスポートには特製スタンプが押される。そしてバスのチケットを5ドルで買う。どんどん20ドルのジャクソンさんが減ってくぜ!笑。カートもこんな感じ。

IMG_7724
バスで10分ほど走ったところで降り船を待つ。写真には撮れなかったがガラパゴスウミイグアナがプカプカ浮かんでいるのが見えガラパゴスに来た実感があった。そもそもイグアナが海の中にいる時点で違和感はある。

IMG_7726

ボートでは1ドル払い対岸に向かう。

IMG_7728

そこからさらにバスでガラパゴスの観光の拠点ともいえるプエルトアヨラという町に向かう。ちょうど僕たちの前で満席になり1時間後ね、と言われる。ここは2ドルだがタクシー聞くと18で一人当たり4.5ドルくらい。そこまで急がないのでのんびり待ってバスに乗った。知らない鳥が休憩中。

IMG_7732

バスでは町に着く前に降りてく人が結構多く当たり前かもしれないが生活感を感じた。やはり先入観としては観光地化していて現地の人々の生活感は感じないイメージだったので逆に何か好印象だった。

IMG_7737

IMG_7739
港に到着。ガラパゴス諸島で自力で行ける島は基本的に3つあるらしい。今いるサンタクルス島、イザベル島、サンタクルス島。僕たちのプランとしてはまずイザベラ島に渡ってそこで3泊。ということで少し日陰で休憩してから船のチケットを探しに行く。
IMG_7741
海のすぐ前に会った教会の隣あたりの店で割引してくれて往復チケットが50ドルだったのでそこですぐに買った。普通だと片道30らしい。ちなみに地理的には西からイザベラ、サンタクルス、サンクリストバルとなっているがイザベラ⇔サンクリストバルの直行は無い。なのでイザベラ→サンクリストバルに行きたい場合はサンタクルスを経由しなければならない。僕たちの帰りはオープンチケットになっており前日までにホテルの人を通して船のオフィスに電話して予約すれば良いらしい。
IMG_7742
ツアー会社でそんなやりとりをしているといきなり屋根から降ってきた。子供のイグアナ??
IMG_7744
初日の今日はキッチンが無いのでやむを得ず食事できるところを探し店員の感じが良い店に入った。Charles Binford通りでランチは大体4ドルからだった。久々に出てきたタマリンドジュース。
IMG_7747
海沿いにはでっかい陸イグアナさんの像。
IMG_7759
少しおいしそうなカニたち。
IMG_7753
14:00のボートに乗り込む。簡単に荷物チェックを受けてから小さいボートで少し沖の少し大き目なボートに乗り換えてイザベラ島に向かう。2時間かかるし物凄い揺れで酔うと聞いていた。まず僕たちはバックパック、サブバックの他に食材でパンパンな袋やらギターやらを持っていたのでボートの乗り換えが一苦労だった。そしてボートの前方の方に座ると風が当たらないから良くないね!(笑)僕はビビッて酔い止め飲んでたけど他の人たちは飲んでなかったが大丈夫だったので次は無しでトライしてみよう。
IMG_7755
到着するとまた小さいボートに乗り換えて接岸。そして前後の小さいボートは1回1ドルくらいです。イザベラ島上陸!お邪魔します!先輩!!
IMG_7760
うむ、入ってよし!
IMG_7761
野生のアザラシさん達に許可を取って入島。こんな感じでそこら中にアザラシさんいらっしゃいます。イザベラ島の入場料は5ドル。こまごまと金を請求され過ぎて少しだけげんなり。今日の宿まで歩く。なにせ荷物が多くて重いので町までの1キロくらいがきついきつい(笑)やっとのことで到着した宿はここ!


実は僕の大好きなけいきさんたえこさんが泊まっているところなのです(^^)/ということで二部屋を6人で占領。宿泊者名簿には日本人の名前もあり、知ってる名前もちらほら。しかし日付を見ると常に客が入っているわけでは無く空室の時も多いようだ。エアコン、シャワートイレ付きで1人12ドル。共同キッチンと洗濯場、干し場もあり。お父さんがとても優しいです。
IMG_7762
ということで少しだけ町で野菜やバナナなど少しだけ買い出し。サンタクルスに比べてかなり田舎感があってのんびりしていて良い。バレーボールコートがあったり子供がチャリンコに乗ってたりして生活感もとてもある。久々に自炊をして明日に備え就寝!どんな動物、魚が待っててくれるのか、楽しみ過ぎる!
IMG_7770
IMG_7771

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-エクアドル

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.