27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

コロンビア パナマ

DAY170 パナマ:パナマシティ→コロンビア:メデジン さようなら中米、こんばんは南米

投稿日:

昨日は隣のスペースでパーリ―ピーポーが騒いでいたので少し寝つきが悪かった。おとといはこの映画ルームに10人近くいたのに昨晩は3人だけだった。そういえば昨日もう一泊映画ルームに泊まりたい、というと普通は映画ルームが解放できなくなっちゃうから客室が開いてるときはそっちに入ってもらっている、と言われる。そもそもここに好んで泊まる人も余りいないんだろうな。客室15ドル、映画ルーム10ドルだし荷物の移動が面倒だったのでこのままで良かった。そうかー、と考えているとでも安いのが良い気持ちはわかるから一泊だけならいいよ!と、あざっっす
IMG_4581
一番上を陣取る僕とデビル君。
DSC01507
最後のセルフパンケーキだ。外のテラスで食えたし意外と好きな時間だったな。宿の人もとても親切で結局チケット印刷できるところ近くで無い?と改めて確認すると受付のPCにメール送ってくれたら印刷するよ、と言ってくれてスムーズに終えることができた。
IMG_4580

IMG_4585

IMG_4586
そして出発前にお気に入りの映画ルームでだらだらしているときにある重要な事に気付いてハッとした。ここに来てから自分の靴を見ていない。焦って自分の荷物の周りを漁るがやはりない。コロンビアからの移動の時には確実に履いてきたのでこの宿に来てからの話だ。部屋移動するときに忘れたか?まさかパクられたか?宿の人に聞いてみるも知らない、とのこと。しかし、結局宿の荷物保管スペースに置き忘れてましたー大分履き潰しているけどラパスで靴を買うまでは頑張ってもらわないといけない。良かった良かった。

ということでチェックアウトしてお馴染み5月5日駅に向かう。バックパックを背負ってると少しだけきつい距離。何より暑いんだ。駅に行く通り道でサンフェリペネリというメルカドがあったのだが食堂が集まったエリアを見つけた。

IMG_4589
空港に行って食うと高くつくのでここで早めの昼飯することにした前行った魚市場から歩いてすぐのところなので魚やタコなどの料理があった。おばちゃんたちの地元の味付けでここの人たちも食べてるので味は間違いない。レストランでメニュー見てもわからないのでこれこれって見て指せる地元の食堂は僕にとって強い味方。
IMG_4587
この海鮮系の煮物みたいのがめちゃくちゃ美味かった。後はポテトサラダとプラタノ(揚げたバナナ)3.0ドル。
 IMG_4588

電車に乗り4日連続で来たことになるバスターミナルに到着。またいつものインフォメーションのおばちゃんに空港どこか教えてもらい向かう。注意しないといけないのだがバスターミナルのすぐ隣に空港がある。僕はチケットを買った時にその空港から出ると思っていた。というかもう他に空港があるのを知らなかった。昨日ふとチケットのページを見ていて空港違くね?と気づき確認すると僕の乗る飛行機は市街から少し西に外れたパナマパシフィコ空港から出るらしい。宿の人に聞いてみると宿が手配したタクシーだと20ドルくらい、電車とバスで行くと1ドルくらい、とのこと。もちろん時間はあるのでゆっくりと公共交通機関で行くことにしたのです。

バスはチキンだった。ミスったのが例のカード少しだけチャージしていたのだが、メトロでなくてチキンのようなバスに当たった時は降りる時の現金払いになるようだ。しかしターミナル内にゲートがあり、もしかしたらお金が入っていないと通過できないのか??とりあえず残念ながら1ドルくらい残すことになってしまった。 満員になるまで結構時間がかかり20分くらい待ったと思う。時間無い人にはタクシーをお勧め。

バスでうつらうつらしているとすぐに空港に着いた。GPS的には空港なのだが空港感が無かったので周りの人に聞くと確かに空港らしい。金を払って降りる。運転手があっちだよ、と指差してくれた。ターミナルのところまでは行ってくれなく、あくまで空港の前、で降りたようだ。

IMG_4591
本当に国際線の飛行機飛んでんのかよ、と疑わざるを得ない。小さい飛行機が離陸するシーンは見たがタクシーはもちろん車もほとんど通らない。ふとさりげない看板を見つけた。
IMG_4592
 わかりにく!!あぶねー違う方行くところだった。ってかこれ結構気づかないぞ。大切なことだし不安になる人多いだろうからもっと大きく書いて欲しい。そして曲がってまたこういう道を少し歩く。人気は無いが確かに左前方にターミナルに見えなくもない建物が見える。しかし今回はぼくは3時間ちょいの余裕を持ってついているので最悪タクシーに乗れる、という心のゆとりがあった。やはり早めに行くのは大切。

IMG_4593
ターミナルの前もこんな感じ。すごい閑散としてる。というかこの時点でもこれが本当に国際線のターミナルなのか自信が無かった(笑)

IMG_4595
しかしこれは正しかった。こぢんまりしてるけどたゃんとエアコンも効いてたし綺麗だし何よりも人が少ないので個人的には快適な空港だった。もちろん売店とかレストランは無く簡単な自販機がおいてあるだけ

IMG_4596
僕が使うビバコロンビアのカウンターはこれ笑

IMG_4597
一応重さチェックの為に考えました。まず寒さ対策のウインドブレーカーを腰に巻く。そして小さいけど重めなカメラとかスマホのチャージャーとかをウインドブレーカーのポケットに突っ込む、だけ。手荷物は確か5kgとか6kgとかだったはず。バックパックはあらかじめ20kg以下の荷物オプションを付けている。

カウンターでは今から入国するコロンビアの出国チケットの提示を要求された。バックパックは靴とかジーンズが入ってても17.5kgしかなかった!グアテマラで選別したお陰。そしてサブバックは計量されず、危険物が入ってないか聞かれただけだった。なんか観光客用の税ということで15ドル払ったのだが正式にレシートが出てきた。どこへの税だったのだろう。ちゃんと聞けばよかった。空港の使用料なのだろうか。キャッシュのみと言われたので注意。サイト上で説明も出てくるがチケット印刷していかないとカウンターで20数ドル取られるらしい。経費削減、というよりもそれに気づかなかったり忘れた人から搾取する為の制度な気がしてならない。。でもそういうところがあるから安く乗れてるんだな。

3時間前に空港に着いたので外を見ていたが僕が乗る予定の旅客機以外は一機も見なかった。
IMG_4598
飛行機到着。やはり320は南米でも強いんだな。

IMG_4600
ゾーンごとに分かれて搭乗。もちろんブリッジなどは無い。
IMG_4601
不思議なのだがチケットにもシートナンバー書かれていなかった気がするのだが、機内に入るとどこどこに座ってください、と案内された。もしかしたらチェックインした客から順に重心を考えてゾーンだけ指定してあとはうまくなるように機内で案内するプロセデュアーなのかもしれない僕より後ろの10列くらいは誰も座っていなかった。

眠くなかったので僕が好きで前から読んでる旅の電子書籍を読み返す。インペリさん、という方の書籍なのだが僕のように旅の初心者からトラブルや楽しいことを経験して世界中を旅していくところにとても共感が持て、また自分の意見を中立的な立場から物を正直に申している感じが とても面白い。僕の旅は少なからず彼の旅にインスピレーションを受けているところがある。帰ったら是非彼のお店に遊びに行ってみたい。

パナマシティからボゴダまでは1時間で到着。コロンビアといえば言わずと知れた美女大国。中南米の3Cとはコスタリカ、コロンビア、チリで美女が多い国、と言われているがコロンビアはダントツだ、という話をコロンビアから来た旅人数人から聞いていた。 (※偉そうなことは言えないが首都のサンホセに2泊だけしたコスタリカに関しては特記して3C、と言えるのかな?と感じたが逆にパナマシティに到着してからは美女を見る率が大幅に増えた気がする。)飛行機に乗っていたCAさん達も確かに綺麗な人が多かった。綺麗な顔立ちはもちろん、皆さんの想像通りナイスバディが多いのです。しかし同じく想像通りお腹もポッコリしている人も多いので逆にくびれがある人はそれだけで目立つ印象を感じた。一方で日本人とは違う露出度もあるのでそこで強調されるところはあると思う。もちろん全員が全員振り返るような美女、ということは有るわけがないが、確かに美女が多い、と言われるのには大いに納得した。あれ、なんかこの飛行機見たことあるようなー。。。
IMG_4605
しかーーーーも!!!僕が来たメデジン、という町はその中でも特に美人が多くてミスに選ばれる人もここ出身の人が多い、との噂。しかも数年前には"世界一革新的な都市"というのにも選出されている。しかもしかも"常春の町"と言われるくらい年中最高な気候。その詳細はまた時間があるときにでも、と言っても僕が説明しなくてもネットで調べればかなり出てくるので興味ある人は見てみてね。僕はこの町で4泊してからブエノスアイレスに飛ぶのであまりゆっくりできないのだがその後、北上して来てまたコロンビアに戻って来た時には是非ゆっくりしたい。

入国審査が意外と細かく、出国チケットを見せろ、は言われなかったが実際に宿泊する宿の住所を教えろとか言われて見せたが納得せず明らかに不審がってキーボードをたたいて調べていたようだ。空港で宿に向かう分を少しだけ換金するとまた単位が難しい。10000ペソで約3ドル。しかも札がまた難しく50と表示されているのが50000ペソで1000と表示されているのは1000ペソらしい。50,000でフィフティミリオン、ということだろう。うむ、慣れるまで難しい(笑)僕が間違ってない?と聞くと窓口の人が笑顔で丁寧に教えてくれた。

荷物を受け取り市内に出るバスの客引きに捕まる。メデジンに到着する国際線は市内の空港では無く、南東のリオ・ネグロという町に到着するのでそこから1時間弱バスに乗らないとメデジン市内に行けない。バスを待っているとおばちゃんが甥と姪が日本人なの。あなたは日本人?と綺麗な英語で聞いてきた。一般的に日本人の友達がいる、とか言って話しかけてくる人には付いて行ってはいけない。日本のどこに住んでいるの?と聞くと埼玉で私も7回行ったことがあって日本人が大好きなの、と答えた。一緒に妹さんもおりなんとなく雰囲気で僕も気を許した。するとバスの中で席を取ってくれていたり、バックパックは後ろに積むところあるんでしょ?とか運転手に聞いてくれたりとても親切にしてくれた。 そのおばちゃんたちに僕の今晩の宿の大体の場所を教えると近いから一緒に降りてタクシー乗って行こう、と提案してくれ、僕はおばちゃんの人柄に惚れ全く疑いもせずにお願いした。

バスで隣になった女の子はアメリカ人の大学生でメデジンの大学に通っているという。若いがコロンビア人と結婚しており、2つのパスポートを持っているらしい。しかし名前があまりにも難しすぎて3回聞き返したがわからなく、打ってくれた。その名前は"Chabellyor"。な、名前見てもわからねー(爆)彼女は僕よりも10も若かったがとても大人の雰囲気を持っており僕のヘタレな英語にも付き合ってくれ、約1時間楽しい時間を過ごせた。降りていく時には旅中にスペイン語がわからなかったりして困ったときには連絡して、ということで連絡先を残していってくれた。コロンビアはなんて親切な人達が多いんだ。 

バスは市内のサンディエゴというショッピングモールのあたりが終点の様だ。9000ペソ(約300円だった。)おりるとおばちゃんがすぐにタクシーを拾ってくれ、僕の宿の住所を運転手に見せてくれたがピンとこないようで到着までおばちゃんがiPhoneの地図のピンとGPSを見ながらナビしてくれた。近くまで来たが少し迷っていると歩いている人がそれならそこだよ、と親切に教えてくれる。ということで助けを得て到着。おばちゃんに5000ペソ払って宿のピンポンを押す。ちゃんと宿の人と合流するまで運転手とおばちゃんは見守ってくれた。本当にありがとう、と心からの感謝を伝えて別れた。おばちゃんも別れ際に困ったら連絡しなさい、と連絡先をくれた。

そうです。残念ながら皆さんが期待したような詐欺とかにあった訳では無く、空港に着いてからは唯々良い人たちに恵まれた、という話でした(笑) 

日本人宿にチェックイン。そしてこの宿も良い評判は何件も聞いていたが沈没しうるな、と入って10分ぐらいで感じた。今回はまだケツが決まっているから良かったかも知れない。ということで思ったよりも少し暑かったが快適ではあるので少し観光もしつつゆっくりしようかなーと思っております。 

 
久々にゆっくり自炊。腹ペコだったので米を大量に炊いて少ないレパートリーの1つ、親子丼を食ってゆっくりと寝た。

IMG_4608

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

-コロンビア, パナマ

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.