27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

グアテマラ

DAY87 グアテマラ:パナハッチェル→サンペドロ クロスロードカフェ

投稿日:

朝の9時を目指して宿を出発。昨日行けなかったクロスロードカフェへ!コーヒーの味がわからない僕が行ってきました!おっ、ドア開いてるぜ!
IMG_1706
中に入るとコーヒーの匂いが迎えてくれた。客はまだ誰もおらずしばらく1人でゆっくりできた。オーナーはアメリカ出身らしく僕に合わせてゆっくりな英語で接客してくれた。とりあえずブラックコーヒーを注文。今日のコーヒーはグアテマラのアカテナンゴというところの豆らしい。一杯飲み終わるとサイゼリアと同じだよ、と言ってお代わりを注いでくれた。チーズケーキが有名らしいが、目の前にあったベリーケーキが美味そうだったのでそれを頼んだ。うまっ。
DSC00434
マイク(オーナー)は日本の友達もいて、日本にもしばらくいたらしくとても親日だった。この店ができた歴史や日本に行ったときのアルバムを出してきてくれて見せてくれた。昨日営業できなかった裏話も話してくれたがそこは個人的なことなので秘密

旅の相棒がいる、といってデビル君を出すと笑いはじめ、今まで会った人の中で一番ノリノリで僕の悪ノリに乗ってきた。面白い写真を撮ろう、といって頼んでもいないのにコーヒーの粉を並べ始めるマイク。撮ってやるよ、ということでカメラを渡したらこうなった。
BlogPaint


マイクも一枚。自分も顔隠しているので公平にマイクの顔も隠す(笑)。
BlogPaint
 その後、ぼちぼち英語を話すお客さんが集まり始めたがマイクは優しい笑顔で皆を出迎え同じように接客をする。最後僕が出る時にはアティトラン湖周辺にしばらくいるなら知り合いのところでバイクが安く借りれるから二人でツーリングに行こう、と誘ってくれた。やばいな!超楽しそうじゃん!行こう!マイク!ということで後日日程の調整をしよう。帰ろうとすると店オリジナルのお手玉みたいなものをくれた。See you again!で店を出た。

コーヒーのこだわり、味だけでなくてマイクの人柄に惚れて、その噂が広まってこの店に来る人が多いんだろうな、と感じた。ここらに来たら是非足を運んでほしい。後悔はしないです。 
DSC00435

DSC00436
腹も気持も満たされて宿に戻る。

チェックアウトが1時なので隣のベッドの大学生いおり君と二時間くらい話をして彼も街に出る、というので僕はチェックアウトして二人で宿を出た。トゥクトゥクを拾って5ケツァール出すとそれでいいよ、ということで2人で乗り込む。すると走り始めた直後に1人5だからもう5出せ、と言い始めた。いおり君はそれなら乗らない、ということで下り、握手をして別れた。

僕はバックパックを持っていたので船着き場までトゥクトゥクで向かった。今日の目的地、 サンペドロ・ラ・ラグーナはパナハッチェルから湖をボートで渡った同じく湖畔の町。10人ちょい乗れる小型ボートがいくつか並んでおり他の湖畔の町へのボートもある。サンペドロ行きのに乗り込んだが運が悪く一番乗りだった。なぜならば満員になるまで出ないから。でも別に急いでないからいいんだ。
DSC00441
満員になって出発!鳥が一杯。
DSC00444
結構な馬力で結構なスピードで湖を突き進んでいく。
DSC00448
約20分くらいで着いたかなー。おー、なんかいい感じだ。こんな感じの小さいボート。
DSC00455

DSC00457
下りるとすぐにおじちゃんがスペイン語喋れるか?と聞いてくる。英語少ししか喋れねーというと英語でホテルを紹介してやる、と言ってきた。しつこそうだったので決めているからいい、と冷ために断った。路上で目星をつけていたホテルに向かうために地図を見ていると、今度は感じの良い若いのがどこに行きたいんだ(←多分)と言ってきた。ホテル名を告げると行き方を教えてくれたが遠そうだった。トゥクトゥク乗りたいか?と聞かれてうんというとすぐに捕まえてくれた。10と言ってきたが傾向的に5だったので5(シンコ)というとすぐに頷いた。ちなみに5ケツァールは約75円。

トゥクトゥクに乗り込むとなぜか若いのも乗り込んできた。最初はこいつもどっか行きたいだけなのかな、くらいに思っていた。そして途中で同じ方向に行きたいらしいおばさんも乗り込んできて4人乗りになった。走っているときに、この若いが頼んでも無いのにガイド料出せって言ってくるパターンか?という疑念に満ち溢れてきた。

着いたぞ、と運転手。若いのも降りてきた。もうここまで来ちゃったしいいか、と諦める。トゥクトゥクで入れない細い道を進むとその宿があった。若いのがオーナーを連れてきたが残念ながら満室だった。若いのが隣の宿はどうだ?と聞いてくる。僕はWifi有りで30ケツァール(約450円)以下が良かったのだが隣のところはその条件が整っており2泊目からは25ケツァールらしい。部屋を見してもらうと狭くて汚めだがシングルの個室でトイレ、シャワーが別だった。納得してとりあえず一泊で手を打った。そして若いのは僕が気づいたら何も言わずに、もちろん金も要求せずに消えていた。宿が払っているのか、無料の案内なのかわからないが疑ってごめん。ありがとうぐらいは言いたかったな。
IMG_1748
屋上に登るとこの光景。
IMG_1712
キッチンは有る、ということだったが青空コンロだった。
IMG_1714
しばらく昼寝してから散策に出発。町は山の斜面に有るようで坂道だらけで結構疲れた。腹が減っていたので串焼きやケサディーヤを売っていたがどれも上手かった。しかし、欧米人の観光客が多いのもあるのかやはり前いたメキシコのサンクリよりも物価は高い。しかし対岸のパナハッチェルよりは田舎で宿も食事も安い。
IMG_1736

DSC00460
やべー、1枚目まずそうだ(笑)

こういうのや、こういうのも地図アプリには「道」として記載されている(笑)
DSC00469

IMG_1738

IMG_1742
突き進んでいくと湖まで下りてきていることに気付いた。このあとしばらく滞在するので更なる湖絶景を探そう。
IMG_1740
そしてここでの主目的であるスペイン語学校の看板もちょいちょいある。明日は学校回りして良いところを決めよう!
IMG_1734
町中は治安の良い感じもぷんぷんするし、町の人とすれ違っても"hola!"(オーラ―)やブエナスなんとか!と笑顔で挨拶してくれる人多数。しかしすれ違った人たちは現地の人と欧米人が半々くらいだったかも。いたるところのレストランやカフェでは欧米人が酒を飲んだりしていた。

町中はこんな感じ。
IMG_1745

IMG_1731

DSC00466
明日からの生活が楽しみだなー。そういえばこの町には旅人の中でかっなり評判の良い日本人宿があります。先日宿泊できるか聞いてみたが満室で空きが出そうだったら連絡をくれる、とのこと。学校に入ったらホームステイしようと思っていたが、最初の1週間くらいはその宿を拠点にしようかな、とか企んだ今日でした。

 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-グアテマラ

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.