27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

アメリカ

DAY38 USA:ニューヨーク 運を使い過ぎた一日 劇、再会等

投稿日:

10時ごろに起きるが昨日の疲れが取れず。疲れがたまってきたのでそろそろどこかでゆっくりしようかな、とは思うもののこの後のNW→DC→ラスベガスまでは移動の手配だけしているのでそこまでは急ぎ足で行くことにする。東側は物価高くて宿泊費にしてもきついし。

今日も地下鉄に乗り込み向かったのはSouth Ferry駅。宿はノースウエストエリアにあるが地下鉄で約30分。なんとなく車内で感じたことは日本人以上に優先席に座るのを避けてる感と、混んでてもリュックなどを後ろにしょったまんま感。いいか悪いかは別として日本人の方が電車に乗り慣れてるように感じた。そして駅にトイレが無い。しょうがないけど結構不便。

目的の駅に到着し、地上に出ると"Statue of Liberty!!"という客引きの声が響く。そう、最初の目的地は自由の女神。ニューヨーク、いやアメリカといえば、のこの銅像はフランスがアメリカの独立100周年を祝して寄贈された。フランス人の募金によって資金が集められたらしい。

客引きは黒人の方が多く結構ぐいぐい来るが僕は気にせずフェリー乗り場に向かう。
DSC03370
この港から南西側のスタテン島というところにフェリーが出ている。 自由の女神自体はリバティ島というところにあるので上陸したければ観光用のフェリーで行かなければならないが、僕は見ておきたいな、くらいだったためこのフェリーを利用した。

ネットで調べた事前情報どおりに行きは右側に座る。と、失敗した(笑)右側と思って乗り込んだが
DSC03341
このように前側にも後ろ側にも進む。ということで帰りの右側は行きの左側。ということで行きは素直に入って右側に行きましょう。二階、三階はオープンになっていてガラス無しに直接見られた。気付いて反対側に行ったときにはこの人。もう座っては見られないようだ。 
DSC03328
おー、見えた見えた! 
DSC03320
こんな感じで決して近くは、無い。冠の突起とか足元の足かせや手に持っているものは十分に見れない。が、僕にはこれで十分だった。今なお夢を掴みにニューヨークにやってくる人たちはこの自由の象徴を見て勇気づけられるのかなぁ。なんていうか自分の国の為というわけじゃなく、この規模の銅像を寄贈するとかフランス(、いやフリーメイソンか?)の心意気には尊敬する。
DSC03330
25分でスタテン島に到着。言い忘れていたがこのフェリーなんと無料!地元の人の足として使われているようだ。スタテン島では何もしたいことが無かったのですぐに乗船入り口に行き、乗ってきたフェリーでマンハッタンに戻る。めっちゃ人待ってる。でもそれなりにでかいので乗れる。
DSC03342
帰りは左側に彼女が見えるわけだが行きよりも少し遠く感じた。帰りのお勧めは船の正面。マンハッタンのミッドタウンは見えないが、マンハッタンで一番高い1トレードセンタービルを中心にこのように見える。 
DSC03364
 港からブロードウェイを北側に歩き出す。すぐに左側には国立のインディアン博物館が。ここ、あのスミソニアン博物館の管轄らしく全て見学は無料。
DSC03383
 手荷物検査を受けてから中に入る。インディアンの人達の服や仮面、生活用具などが見学できるが、特に目を奪われたのはトルコ石、そうターコイズ!写真は撮れないがそのコーナーにはターコイズを使った装飾品が多数展示されておりひとつひとつの石がでかくド派手なネックレスが印象的だった。ネイティブアメリカンの間では「地球をとりまく美しい空」を表す神の石として神聖に扱われたらしい。

さて、お昼時も過ぎ眠くなってきたので博物館前の広場のベンチでニューヨーカーに交じり少しだけシエスタ。
DSC03377
なんか見たことある牛発見!悪乗りして乗っかる外国人。
DSC03389
さすがブロードウェイ!
DSC03385
偶然ウォールストリートを発見。
DSC03395
世界経済の中心。しかし最近は多くの金融企業がメインの機能を移転してしまったらしく状況が変わってきているようだ。これはニューヨークの証券取引所。でかくてうまく映ってなかった(笑)
DSC03402

DSC03401
周りには簡単な柵があり、入場には検査を受ける必要があるようだ。
DSC03397
次の目的地に到着。マンハッタンのグラウンド・ゼロ、9/11 Memorial。
DSC03407
僕は中学生でまだ子供だったがそれでもあの映像をニュースで見た衝撃は忘れないし、航空業界に関わったからには見に来ようと思っていた。あの事件を風化させないため、また犠牲者を追悼するための記念碑。ノースタワーとサウスタワーのそれぞれの跡地に二つのプールがある。
DSC03427
四方は滝になっており水が流れ落ち、真ん中の空洞に吸い込まれていく。周りの囲いには犠牲者の名前が刻み込まれている。笑顔でピースして記念碑の前で記念撮影している人に若干の違和感を覚えた。今は緑も沢山整備されていて、休憩するための椅子などもある。
 DSC03430
ちなみにこの記念碑のある広場を中心に周りに7つの高層ビルや地下商業施設などを建築中。日本の方も設計に携わったとか。 先ほど船から見ても目立っていた1ワールドトレードセンタービルは独立年にちなみ1776ftらしい。広場では日本語訳もされている記念碑の紹介パンフレットが無料でもらえる。 

続いて再び戦場、タイムズスクエアのシアターに向かう。昨日の女性、改めRISAさんと合流し、二人でチケット合戦に挑む。1人当たると二枚まで買えるので確率二倍

当りました。しかも三番目に昨日より人数多そうだったし厳しいかなーと思っていたがこれは本当にツイてる正直旅を始めてから一番テンション上がった(笑)記念のバッチ貰える!

IMG_9310
そして発券所に行こうとすると「あれ?HUKKYさん?」と女性の声。

見ると

あーーーーーーー奇跡の再会PART3。もう奇跡が起こりすぎて奇跡じゃなくなりつつあるが、アラジン当たった直後にこの再会がさらにテンション値を更新。(笑)

ここで出会ったのはまたまたフィリピンで一緒に勉強したもも。一人旅してるのは知ってたし、南米で会えたらいいねーっとは言っていたが今NYに来ていることは知らなかった。しかも、ももも友人が当たっていた。しかもそのももの友人は僕が一緒にいたRISAさんの知り合いだった。もう訳わからないので整理はしないがとりあえず偶然が偶然を読んだ形。4人で記念撮影をしていざ劇場へ!

僕とRISAさんはなんと2階BOX席。こんな英語もままならない超級ドシロートが座っていいのだろうかちなみに服装は特になんでもよさそうだった。決まりは知らないがビーサン、ハーパン、Tシャツの人もいた。

内容は僕が言うのもおこがましいですがめちゃくちゃ感動したし、何よりも楽しめた。そしてオーケストラの生演奏も初体験だった。一応ストーリーは復習していったし隣のRISAさんの解説にも助けられた。
IMG_9361

ショーがはねた後は4人で感動を共有しつつお別れ。またどこかで会おう

夜のタイムズスクエアを歩いてみる。もちろん昼間以上に華やか。このパフォーマーは動きませんよ、的なやつ。
DSC03475
ショーに満足した後のタイムズスクエアは僕の目に一際綺麗に映ったのでした。
DSC03491
※ブログに出てくる知り合いは女性がやたら多いですが決して意図的ではなく偶然のことですのでご理解をよろしくお願いします。(笑)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-アメリカ

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.