27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

カナダ

DAY26 カナダ:ケベック 旧市街探索 フロナクずくしの1日

投稿日:

今日も元気に10時に起床。

相部屋で仲良くなった友人にいつものオリジナルパスタを振る舞う。一応喜んでもらえたみたいで良かった。

そのノリで明日の朝からレンタカー借りてケベック郊外を観光し、あさってはそのうちの一人と一緒にモントリオールまで車で行き乗り捨てるというプランを立てた。

ネットで調べるとHertzで$100という激安なやつ発見!しかもHertsだったらアメックスで割引聞いた気がする!しかし売り切れ。直接オフィス訪ねるもやはり売り切れ。インフォセンターで他のレンタカー屋さんを聞いて3か所周り一番安いところで決定。聞き返したりするものの何とかやりとりできるところに正直自分の英語力の成長を感じる

決めたのはまさかのヒルトン様の中。さらに畏れ多いことになんとロビーでは無料の電波強めWi-Fiを飛ばしているではないか。これから更に尊敬していきます、ヒルトン様 最終的に3人で割るとケベックからモントリオールに行くバスとそこまで変わらない。それで1日自由に動き回れるのは嬉しい。

気付けば午後1時。別に急いでいるわけでもないので昨日のお気に入りの公園で一休み。
 DSC01971
さてセントルイス門をくぐり城壁の内側へ。
DSC02136
すぐ裏から城門の上に登ってみると砲台の脇には綺麗に整備された芝。今はとても綺麗だが戦争中に緊張しつつ敵を迎え撃つ時の気持を想像してしまう。
DSC02139

DSC02142
そのまま城壁の上を南側に歩くと函館の五稜郭的なシタデル要塞にたどり着く。といっても上から見ないとしっくりこないけど。
DSC02147

DSC02155
現役の軍隊が駐屯している要塞では北アメリカで一番の規模を誇る。第22連隊というのが駐屯していて夏場は毎朝フランス語で衛兵交代式が行われるらしい。
DSC02148
内部の博物館は有料だったのでパス。周りの外国人観光客からの痛い視線を感じつつ無料ゾーンで記念撮影。
DSC02153
その後シタデルの上?を歩き東側に抜けると今日2の景色!(今日1はまた後で)
DSC02166
新市街側のビルの方が高くて見晴らしいいだろうけど距離感的にはここが一番良いんではないかと思う。下のデュフランテラスより人も居ないしおすすめです!相変わらずどんだけ芝生なんだよ。

では本格的に旧市街、アッパーエリアの方へ。
DSC02192
有名なノートルダム大聖堂に行こうと試みたが到着したら別のノートルダムだったらしい。 一応観光スポットになってるけど誰も居ない。
DSC02197
気を取り直して旧市街を歩いてみる。やはり坂道が多いな。 
DSC02209
地元の子供たちが社会科の校外学習なのか、いたるところにある銅像の周りでなにか書き物をしている。僕たちで言う京都での歴史を学ぶ感じなのかなー。
DSC02201
一番栄えていたっぽいルー・セント・ ジーン通り。(ガイドブック見てないから正しい読み方とかわかってない(笑))石畳がヨーロッパらしさを感じさせる。
DSC02218
これは昨日反対側から見たセントジーン門。
DSC02203
ふとそこを上ってみると今日1の景色来ました。
DSC02206
なんかわからないけど街を囲む城壁の上から壁内部の普通の生活を見ているようで気に入った。写真のせいで伝わらなかったらごめんなさい。

昨日からチェックしていたメープルを使ったアイスのお店発見!
DSC02213
中にはメイプル製品沢山。
DSC02216
一番人気のなんとかメープルと無性に食べたかったラズベリーのダブル。
DSC02215
カナダ来てやっとメープル接種。ベリーの酸味に浸食されつつもとろける甘さでコーンまでおいしくいただきました。

その後も歩きつつ路地に入ってみる。 夕方に近づき差し込む日光も凄い良い感じ。この通りにはひっそりと雰囲気のよいBARが点在していてこんなところでゆっっっくりと気の知れた仲間と酒飲んだらどれだけおいしいだろうと思う。
 DSC02224
遂に本当のノートルダム大聖堂に到着、と思ったけどすぐ隣の広場のベンチで小休止。すると急に2人の男が何かを組み立て始めた。
DSC02232
これは、、、大道芸だ!見るしかねーだろ!ベンチに座りつつ偶然見つけたWi-Fiが繋がり、ノートルダム大聖堂の営業時間を調べると午後4時。終わってるー。。。もうゆっくり大道芸見ていくわ。

周囲4箇所に引っ掛けたワイヤーを張り、このポールを固定する。かなり重そう。
DSC02233
っていうかよくこの広場でそれ組み立てて大道芸やろうって思ったな!そこに脱帽。準備には30分くらいかかってたかな。
DSC02244

DSC02246
わずかばかりのチップを入れる。20ドル札も見えたから、準備から1時間くらいで$50以上は稼いでたんじゃないかな。

大聖堂は諦めて本日2度目のインフォメーションセンターに向かう。夜セントローレンス川からライトアップされたフロントナックが見たかったのでどうやって見えるか聞くため。しかしここもすでにclosed。まあ下にちっこめのフェリー居るから適当に行けば乗れるだろ。

すぐ隣の通りの画家さんたちの絵を見てから夕日のフロントナックを見に再び今日2ポイントへ。
DSC02251
フロナクずくし。旧市街は小さめで簡単に歩き回れる。
DSC02264
ケベック植民地を築いたシャンプランはどんな気持ちで今のケベックの発展を見るのだろうか。
DSC02277
これ絶対狙ってるな。
DSC02287
薄暗くなり始め下から見上げてみる。城下町もいい味出してますな。
DSC02294
フェリー乗り場行って見ると出たばっかりだからあと一時間後だよ、とのこと。全然いいよ、待ちます。時刻表見ると30分か1時間に一本はあるし深夜まで出てる。

待合室でゆっくりしてから往復$7のチケットを購入。

フェリーに乗り込み展望デッキに出ると寒い。さすがにTシャツとウインドブレーカー的なの1枚はアウトか(笑) 

そしてケベックで一番楽しみにしていた光景が。あー、ずっと見ていられる。

しかーーーーし揺れる船の上からの夜景。四苦八苦したがスキル不足の為納得できるショットは撮れず自分の心のアルバムへしまうことにする。ヘタレながらうまめに撮れたやつ1枚だけ共有します。
DSC02312
向う岸での滞在時間は20分くらい。乗ってきたフェリーですぐもどる。 再び目に焼きつける。ふと思い立ってiPhoneで撮影してみる、がjobs氏もsony氏には勝てなかった。いやjobs氏も僕の腕には勝てなかった。そこまで綺麗に撮れなかったことに少し安心(笑)

寒い中歩いて宿へ戻る。もちろんタクシーなんか乗らんが、これもしフィリピンだったら確実に30ペソ(90円弱)出してトライシクル捕まえて乗るレベルな心境。我ながらわかりやすい例えだと思う。これはシキホール島の綺麗なやつ。
IMG_6093[1]
街を歩いていると覗いたフロナク。
DSC02353
そんななか再び一番大きないたずら、いや壁アートを通る。誰も居なかったので10秒タイマーで一人ダッシュして絵に参加。そういえば昨日この絵何人かが書き足したって言ったけど今日ちゃんと読んだら勘違いでした。すいません。
DSC02357
ということでフロナクを堪能しまくった今日。本日2度目の野菜たっぷりパスタを食べておやすみなさい! 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

-カナダ

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.