27歳独身無職の世界一周 2年間5大陸63カ国の一人旅

PLAYING HUKKY

~工事中(2019.03.09)~
見苦しくてすみませんm(_ _)m

カナダ

DAY20~DAY23 カナダ:バンフ→ケベック 3日がかりのバス旅

投稿日:

DAY20の夜9時からバスに乗り込みDAY21,22はずっとバスの中、DAY23にケベックに到着したのでまとめて投稿。文字多いし大した内容で無いので興味ない人はスルーで。

オーストラリアで20時間は経験済みだったが普通に考えて今回の63時間は3倍以上。正直想像できなかったが4日間の肉体的、精神的な変化を綴っていこうと思う。

DAY20

バンフから国際空港もあるカルガリーへ約2時間。ここは隣も居なかったし時間も短かったので余裕。

しかしカルガリーのバスステーションで乗り換える時に精神的ダメージ。チケットとパスワード見せるのは良いがタチの悪いセキュリティーのおっちゃんを目撃。僕は運よく隣だったが餌食になってる同じ年くらいの男性は、リュックを手袋した手で本当に片っ端からひっくり返され中のポーチとかも開けられ、ポケットの中身全て要求されて、と端から見ても完璧に嫌がらせだった。身なりも綺麗だし真面目そうな感じだったが態度が気に食わなかったのだろうか。

カルガリーのバス乗り場。


IMG_8395


ちなみにカナダでは州ごとに荷物のセキュリティがあったりバッグのタグが変わるらしい。荷物を預ける時に乗り継ぎ場所や、最終目的地を確認してタグ貰っておきましょう。ただ、タグと言っても名前と目的地を書くだけの簡単なもの。

 

バスに乗り窓際ゲット。ほぼ満席で偶然先ほどの嫌がらせ男性が隣に来る。大変だったね、というとあれはひどいよな?そうだろ?と同意を求められ二人で笑う。ここで日をまたぎDAY21へ。

DAY21

約10時間かけてカルガリーからレジャイナへと向かう。僕は体が小さいほうだが今日の隣人のように足が長いと本当に窮屈なバスだと思う。昨日の疲れもありすぐに寝たがところどころ休憩だ、といって深夜でも構わず起こされる。日が明けてバナナを2本食い少し体力回復。


IMG_8407


朝9:30頃にレジャイナ到着。街はゆっくりと時間が流れており、晴れていて空気も良かったのでつかの間の休憩だったが心も体も癒される。係りの人もとても親切だった。まだ元気!


IMG_8401


レジャイナのバス乗り場


IMG_8399


続いて同じく約10時間かけてカナダの中心ウィニペグに向かう。隣は居なかった。Wi-Fiが付いているが遅すぎて使い物にならない。Wi-Fiやコンセントの具合はもう運次第。使えなかったり付いていなくても文句を言う人は見なかった。昼間なため、外も見られるが平原、町、木の連続。やはり飽きるし写真撮ったが時間的感覚狂っててどこで撮ったものたちか不明なもの多数(笑)音楽聞いたり英語の勉強したり、ブログの文章考えたりする。その結果疲れて肉体的にも精神的にもこの昼間で小ダメージ。


IMG_8412

どこ見ても芝生の手入れがとても綺麗であることに感心する。


IMG_8413


夜の8時30頃にウィニペグのバス停に到着。なんかもう写真も撮ってないしバス停の記憶無し。何食ったかも記憶になし。多分余ったバナナ。10時過ぎにまたもや約10時間かけて五大湖ふもとのサンダーベイ(?)に向かう。 正直ここらのどこかで時差調整した気がするがよく覚えてない。

IMG_8422


やはり1人で何もすることがないと必然的にいろいろ考えてしまう。旅の今後のこと、家族のこと、自分の仕事のこと、などなど。旅で自分を探すとか見つめなおすというのはこういうことなのかもな。その結果なんか寂しい気持ちになり精神的に中ダメージ。しかもなんか朝まであんまりよく寝れなかったので肉体的に小ダメージ。


IMG_8416

DAY22

実際、日が明けてくるとなんだかんだ軽く覚せい状態になり、見かけ上回復した気持ちになるがあくまで見かけ上。朝の8時過ぎにサンダーベイに到着。半分を折り返したと考えると最初嬉しかったがこれと同じことをもう一回すると思うと憂鬱になり精神的に小ダメージ。何食ったか不明。確かコーヒー飲んだような気が。 1時間くらい休憩して五大湖の北側沿いを走りサドゥブリー(?)へ向かう。約14時間ここが勝負だと思っていた。一番長いしここを超えればあとは短めの乗り継ぎのみだから気が紛れやすい。


IMG_8427



IMG_8434


昨晩よく眠れなかったので体も心もお疲れ気味。良い姿勢が取れない中で寝て、覚めて、を繰り返す。幸運にもお隣は不在。 たまに起きた時の五大湖のでかさに圧倒される。しばらくして起きて今はなんて湖かなーってgpsを見るとまだ同じスペリオル湖。これ北海道の面積よりもでかいらしい。


IMG_8442



IMG_8448


途中の休憩で外の空気を吸いに出るとなんとぷーさんがお出迎え。なんともともとぷーさんのモデルとなった熊のウィニーは先ほどのウィニペグ出身のようだ!ぷーさんと綺麗な空気に癒され肉体的、精神的に小回復


IMG_8453



IMG_8454



IMG_8455

次に見えてきた湖はヒューロン湖


IMG_8499


この日は1日中体がだるく眠かった、だがいまいち良く眠れない、のループ。サドゥブリーに着くまでに精神、肉体に大ダメージ。

バスに乗り続けて思うことは長距離乗るときは綺麗事とかなしに隣に誰も来ないで欲しい(笑)荷物を手元に置けるし寝る時の姿勢の自由度増すし、上着を脱いだり着たりするにしても気を使わなくてよい。そこで僕が見ていて隣に人が来にくくなるコツ。ちょっとゲスいよ。(笑)

1,自分は通路側に座り、窓際には荷物を置く。これだけで軽くガード。もしもいいですか?って来たときはsorryっていって自分が窓際に移動して荷物は足元に。

2,1の状態で人が乗ってきそうなときには寝たふりをする。話しかけにくくなるから。

3,座る席は前から6、7,8列目くらいがおすすめ。まず本能的に後ろのほうがなんか快適そうだし行きたくなるがあまりよくない。なぜなら新しい人が乗ってきたときに、2席両方とも空いてるところ無いかな、というかすかな期待を込めて後ろまで探しに行く。そこで空いてないことに気付いても前には戻りにくいからどっか後ろに座る。また前の方は満席っぽいの知ってて慣れてる人やおばあちゃんなどが早めに無難そうな相席人を見つけて席をゲットする。

(4,とても人相悪そうにしたり、荷物片すのが面倒なくらい散らかす。←ほかの人やってたけど僕には出来ない(笑))

それらの点を考慮して得られた結果は6,7,8列目当たりの通路側で窓際にはわかりやすいように荷物を置く。

長々と書いたけど自分に余力がありそうなときや満席に近い時は譲り合う心を持ちましょう。(笑)ちなみに言葉が聞き取れなかったときは周りの人に聞くか、周りの人の行動に従うのが一番。みんなが荷物全て持って降り始めたらバスの交換だろうしバス停で一斉に動き始めたらチェックインが始まる合図。

DAY23

サドブゥリーを深夜0:30に出発。結論から言えば昨日の3日目が一番辛かった。この23まで来たら今日中にはケベック到着という気持ちと、残りは細かめな乗り継ぎだったので疲れたり、いろいろ考えたりする暇がない。そして次は首都オタワ!といっても何もしないが(笑)

休憩はTimさんで取ることが多い、というか郊外ではTimしかみなかった気がする。


IMG_8507


約6時間でオタワに到着。ここでバスが途中からずっと一緒だったマリ人のダバさんに話しかけられる。マリは金がよく取れるらしく彼はそのビジネスでこっちに家族と住んでいるとのこと。30分くらいお互いの話をして出発時間が近づき、2人で並ぶ。すると遅れているとのインフォ。いやー次のモントリオールで乗り継ぎ30分しか無いんすけど、というとその場合は次のバスに割り振られるとのこと。

オタワで見た気球。特に他に写真無かったので(笑)


IMG_8511


結局45分遅れで出発。ここまで来た安心もあるのかバスでは約2時間爆睡。起きるとモントリオール到着。やはり予定のバスには乗れず。カナダでは公用語が英語とフランス語の2つだが

、東の方はフランス語が強く英語喋ると嫌がられる、との噂。サービスカウンターでダバさんが華麗にフランス語で状況を説明してくれ、1時間後のバスチケットを発行してくれた。そしてモントリオールに寄ることがあったら家に泊まっていきなさいと連絡先交換。迎えに来た息子と去っていった。ダバさん本当にありがとう(^ ^)/

ここで時間もゆっくりだったため久々にゆっくりとちゃんとした食事。サンドイッチ。ソーセージがスパイシーでおいしかった。周りからはメルシーとかマドモアゼルとか聞こえた気がする。


IMG_8514


ここまで来たらあとはランナーズハイ状態であっという間にケベック到着。実はこの間メープルの紅葉を期待していたがまだ少し早かった様子。帰りに期待ですな。ここではバスのアナウンスはフランス語のみ。今までは英語、フランス語両方の表示が多かったがバスを降りて歩いているとほぼフランス語一色。しかし基本みんな英語も喋れるらしい。羨ましい限り。

バスと電車の駅は外から見るとこんなん!フランス、いやケベック来た感ある!


IMG_8516


どこかのバス停で取った宿に行きチェックインしてからスーパーに買い出し。ここでは5日間くらいゆっくりする予定。宿は一泊2000円。カナダでは上出来だろう。


IMG_8541


夕食を食べてからベッドに横になり非常に疲れた4日間に終止符を打ちます

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村

-カナダ

Copyright© PLAYING HUKKY , 2019 All Rights Reserved.